夫からの離婚話で愕然!そんなときこそ落ち着いて立ち回ろう

この記事の情報提供者

急に夫から離婚の話をされるとドキッとしてしまうもの。心を乱されてしまって状況を悪化させてしてしまう人も少なくありません。

そんなことにならないよう、今回は男女のトラブルとその対処法を把握しているAnnalieseさんから伺ったお話をもとに

  • 夫から切り出された離婚に応じたくないときにやるべきこと
  • 夫から切り出された離婚を拒否できないとき
  • 夫婦関係を修復し離婚を回避したいとき、相手を説得する方法
  • 夫からの離婚話の理由が夫の不倫と思われるときの対処方法
  • 離婚を回避できないと判断したとき、離婚を優位に進めるポイント

を紹介します。夫からの離婚話にどう対応すればいいのかわからない人は、ここでマスターしてください。

夫から切り出された離婚に応じたくないときにやるべきこと


あなたが離婚を考えていなくても、知らないうちに夫の気持ちには変化が生じているかもしれません。夫から離婚を切り出されたときには、どんな対応が望ましいのでしょうか?以下をご覧ください。

冷静に対応する

とつぜん夫から、「離婚したい」といわれると、誰でも動揺してしまうでしょう。妻としての役割をこなせていないといった気持ちになり、自分自身を否定してしまうかもしれません。

夫からのとつぜんの離婚宣言に、不安や焦り、ショックなどが重なり、離婚したくない思いばかりが先行してしまって、すがりつきたくなる人もいるでしょう。このときにすがりついてしまうと、夫の離婚に対する思いを強めてしまうことになりかねません。そのため、まずは落ち着くことが重要なのです。

離婚不受理申出書を提出しておく

離婚不受理申出書とは、夫婦のどちらかが相手の同意を得ないまま、一方的に離婚届を出してしまうのを防ぐための制度のこと。離婚をするためには夫婦の合意が必要なので、勝手に離婚届が提出されて離婚が成立してしまうと、相手の意思が無視されてしまうからです。

そのため、離婚不受理申出書を提出しておけば、夫が離婚届を出したとしても受理されることはありません。前もって離婚不受理申出書を出しておけば、一方的に離婚されるのを防ぐことができ、心配の種も少なくなるので、早めの提出をおすすめします。

夫から切り出された離婚を拒否できないとき

どれだけ離婚したくないと思っていても、あなたに非がある場合には離婚を避けられないケースがあります。離婚を拒否できないときはどんなときなのか、見てみましょう。

離婚の原因が自分にある

不倫や借金など離婚の原因があなた側にある場合、離婚を拒むのは困難です。相手に不倫の証拠をつかまれたり、返せないほどの借金があったりすると、離婚するときには夫が有利になります。どれだけ言い訳をしても、あなた側に原因があるので、離婚を拒否するのは難しくなるでしょう。

結婚生活への協力をしなかった

たとえば、「別居しながら結婚を続けたい」とパートナーに伝えた場合は、自分にそのつもりがいっさいなくても、同居するのを拒否しているとみなされてしまいます。特別な理由もなく別居をしていたり、結婚生活に対して協力をしなかったりすると、離婚を拒否しにくくなるのです。

夫婦関係を修復し離婚を回避したいとき、相手を説得する方法

離婚をしたくない気持ちが強いほど、夫からの別れ話に慌ててしまいやすいもの。そんなときに夫婦関係を改善し、離婚を防ぐための方法をお伝えします。

離婚したいと考えている理由を確認する

一方的に夫から離婚したいといわれても、突然のことであればワケがわからなくなることでしょう。このとき、まずはなぜ離婚したいといってきたのか、夫から理由を聞き出してください。

夫が離婚をしたいと思う理由として多いものは、性格が合わないことや妻からのモラハラ妻が家事をしてくれないことなどです。これらの理由に、あなたも当てはまるのかもしれません。しっかりと状況を把握して、その後の対策を考えられるよう、取り乱すことなく相手の話に耳を傾けましょう。

直せる部分について、改善していくことを伝える

夫から話を聞き、離婚を改善するためにできることがあれば、あなたが変わることを伝えましょう。夫婦のどちらかが離婚したいときは、必ず相手に不満があります。

そのため、夫から相手が不満に思っていることを聞き、いつまでにそれを改めると伝えましょう。変わったあなたの姿を見て、離婚について考え直してくれる可能性があります。

夫からの離婚話の理由が夫の不倫と思われるときの対処方法

夫が離婚について話してきたとき、その理由が不倫であった場合には、今後のためにやっておくべきことがあります。将来に備えるため、確認しておいてください。

不倫をした理由を夫から聞き出す

愛する夫が不倫したとなると、嫌な想像ばかりしてしまうことでしょう。しかし、離婚を回避するためには、冷静に対応することが何よりも大事です。そして、夫が不倫に走った原因を突き止めてください。

内容によっては、あなたの努力やお互いの歩み寄りによって解決できるかもしれません。夫が不倫をする理由として多いのは、妻とのセックスがなくなってしまったことや、家庭で癒されることがないなどの理由です。

どちらの場合であっても、努力することで状況を改善できるかもしれませんので、夫から不倫をした理由を聞き出しましょう。

今後不倫をしないことを誓約書に書かせる

夫が不倫した理由を聞いて二人の方向性が定まったら、誓約書を書かせましょう。不倫したことを明記し、不倫相手との関係をきっぱりと断ち切ることを書かせるのです。そのうえで、次に不倫をした場合はどうなるかなどを決めておけば、夫も同じ過ちを繰り返しにくくなるでしょう。

もし離婚することになったとしても、この誓約書があればあなたが有利になるため、誓約書を残しておくのは非常に重要なのです。

離婚を回避できないと判断したとき、離婚を優位に進めるポイント

夫からの離婚話を受け入れざるを得ない状況にもなり得るので、事前に対策を用意しておく必要があります。良い形で離婚するためのコツは以下のとおりです。

離婚準備ノートを作る

離婚に向けて話を進める際には、離婚までにしないといけないことや、夫が何を発言しているかなどを覚えておく必要があります。しかし、きちんと覚えられないこともあるので、離婚準備ノートにまとめておいて、スムーズに話を進められるようにしましょう。

弁護士に相談する

離婚を優位に進めるためには、プロの力が必要になるケースが珍しくありません。慰謝料などはどれくらい受け取れるのか、どうすれば多く受け取れるのかなど、プロ目線でアドバイスをくれるからです。

ただ、弁護士の中にも離婚案件を得意とする人もいれば、不得意とする人もいるので、相談先を決める際には複数の候補を比較してくださいね。

まとめ

ある日、急に夫から離婚したいと言い渡されたら、驚いてしまうのも無理もありません。ですが、そんなときこそ、感情的にならずに対応してください。やってはいけないことと、やるべきことを正しく把握することで状況の悪化を防ぎ、できる限り望ましい方向に持っていくことができます。

ただ、そうはいっても離婚を避けられない状況に直面することもあるでしょう。そんなときには、少しでも離婚を有利に進めて、その後の人生につなげることが大切です。

あなたの気持ちを大切にしながら、冷静に立ち回ることが重要と心にとめ、夫婦関係に向き合ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。