遠距離不倫にハマるとマズい?魅力の裏にある大きなリスクとは

この記事の情報提供者

遠距離不倫は毎回、新鮮な気持ちで会えるうえ、関係が長続きしやすい特徴があります。その反面、大きな欠点もあるので、安易にハマらないように注意しなければなりません。

遠距離不倫についてどう向き合うべきか……。このモヤモヤ感を解消するため、不倫相手との付き合い方を熟知している桔梗さんから、以下について教えていただきました。

  • 遠距離不倫とは
  • 遠距離不倫をするきっかけ
  • 遠距離不倫の関係を続けてしまう理由
  • 遠距離不倫の欠点

遠距離不倫について気になっている人は、見逃さないでくださいね。

遠距離不倫とは

遠距離不倫はリスクを抑えつつ、長続きする傾向があります。どのような不倫なのか、わかりやすくお伝えします。

2人の居住地などの距離が離れている不倫

遠距離不倫とは、2~3ヶ月に1回などの比較的低い頻度で逢瀬を繰り返す不倫のことです。たとえば数ヶ月に1回、同じ場所に出張する人で、その出張先に住む人と不倫関係になるパターンがそうです。

密会の回数が少ない不倫

遠距離不倫とはいうものの距離が関係していないことも多く、会う頻度が少ない場合には遠距離不倫と呼ばれます。

遠距離不倫は家族や知人にバレにくく、お互いに割り切った関係であることから長続きしやすいといわれています。

遠距離不倫をするきっかけ

遠距離不倫がはじまるきっかけについてまとめました。

出張・単身赴任の先で知り合う

出張や単身赴任をしたときに現地の異性と知り合い、その後も親密な関係が続いて遠距離不倫となるパターンです。お互いに惹かれあい、数ヶ月に1回しか会わない関係に心地良さを感じた場合、遠距離不倫に発展してしまうのです。

なかには出張先などで開放感から出会いを求める人もいます。素敵な異性と出会ったときについ、「まだ未婚なうえに恋人もいない」といってしまい親密になってしまうことも。仲が深まってから既婚であることを告げたり、バレてしまったりするケースも珍しくありません。

同窓会

進学や仕事を機に地元から離れた人は、同窓会で再会した異性と遠距離不倫になることも。その相手は昔の恋人であるケースもあれば、顔見知り程度の関係だった場合もあるでしょう。ひさしぶりに会ったときに気持ちが高ぶって意気投合し、遠距離不倫になることがあります。

SNS

TwitterやInstagramなどのSNSは、共通の趣味を持った人と仲良くなりやすい場所。仲良くなった人同士でオフ会を開催し、実際に会うこともよくあります。SNSを通じて知り合い、仲良くなった異性が遠くに住んでいる場合、遠距離不倫となる可能性があるのです。

遠距離不倫の関係を続けてしまう理由

遠距離不倫は、ドキドキ感を保ったまま長く続けられることで知られています。その理由について、わかりやすくお伝えします。

バレる可能性が低い

遠距離不倫は会う回数が少なく、自宅から遠くで会うことが多いので、知人などにバレるリスクが抑えられます。不倫相手が住んでいるところで会う場合には、相手の知人に会う可能性はありますが、自分の知り合いに会う可能性はとても低いので、安心して楽しめることから遠距離不倫を続けてしまうのです。

たまにしか会わないので新鮮味がある

2~3ヶ月に1回程度しか会わない遠距離不倫は、毎回相手に会うことが楽しみになるもの。なかなか会えない時間が気持ちを高めてくれるので、会えたときの喜びが大きくなりやすいのです。

通常の不倫関係だと、何度も会ううちにマンネリ化して飽きてしまうこともありますが、遠距離不倫の場合は事情が違います。会える回数が少ないことで、より不倫を楽しめるために関係を続けてしまうのです。

私生活とは一線を画した特別な感じを楽しめる

たまにしか会わない遠距離不倫は、適度な距離感を保ちやすいので長く続けてしまいます。通常の不倫関係の場合は会う頻度が高く、そのぶんまわりが見えなくなってしまうことも少なくありません。

つまり、プライベートとは異なる特別な時間を楽しめることが魅力です。物理的な距離が離れている場合には、旅行のときに感じる開放感のように非日常を感じる人も多いので、たまの息抜きととらえる人も。

いつもとは違う特別な時間を過ごしている感覚は、不倫に対する罪の意識も麻痺させることも多く、関係を長続きさせる一因と考えられています。

遠距離不倫の欠点

遠距離不倫はいいことばかりのようですが、欠点もあります。どんなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

離婚・慰謝料

遠距離とはいっても不倫は不倫。そのため、バレたときに法的に裁かれるリスクがあることを覚えておかなければいけません。本心では望んでいない離婚を余儀なくされたり、高額の慰謝料を払わなければいけなかったりすることは普通の不倫だけでなく、遠距離不倫にも付きまとう欠点です。

会いたいときに会えない

会いたいときに会えないことは、遠距離不倫の大きなデメリット。遠距離不倫は数ヶ月に1回しか会わない関係なので、ふとしたときに会えず、精神的に辛い気持ちになる恐れがあります。

男性の場合は、ほとんど会えないために欲求不満になってしまうこともあるでしょう。女性の場合なら、「あまり会えなくて寂しい……。でも会いに行くにも時間や交通費が負担になる」といった状況にもなり得ます。

まとめ

遠距離不倫のたまにしか会えない状況は、まわりの人にバレにくかったり、会ったときの喜びを何倍にもふくらませてくれたりなどの嬉しいポイントがあります。長期間にわたって不倫関係を続けやすいことも、遠距離不倫にハマってしまう大きな要因といえるでしょう。

ですが、遠距離不倫にもリスクはありますので、安易な考えで遠距離恋愛にはまらないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。