離婚の前兆を見極めて次のアクションを!後悔のない選択をしよう

この記事の情報提供者

離婚の前兆を把握しておけば、夫婦間の問題が深刻になる前に改善に導けるかもしれません。離婚を回避するための方法や、別れるしかないところまでパートナーとの関係が悪化した状態の見極め方を知ることで、あなたの人生はより良いものになるでしょう。

今回は、男女間のトラブルに詳しいAnnalieseさんから聞いたお話をもとに

  • 離婚の原因として挙げられること
  • 離婚する前兆として、夫に表れる特徴
  • 離婚する前兆として、妻に表れる特徴
  • 離婚する前兆として、夫婦間のコミュニケーションに表れる特徴
  • 離婚の前兆を夫婦が感じたときに、離婚を回避する方法
  • 離婚を回避するための方法をとっても、離婚を回避できないと判断するポイントの例

について解説していきます。離婚の前兆やそれを感じたときの対処法が気になる人は、参考にしてみてくださいね。

離婚の原因として挙げられること


離婚をする場合、そこには何らかの原因があるはず。問題があるからこそ、夫婦関係が悪化し、離婚に結びついてしまうのです。そこで、離婚の原因について、まとめました。

性格の不一致

同棲をすることなく結婚生活をはじめると、相手の意外な部分が見えて、嫌になってしまうことがあります。「付き合っているときはこんなことなかったのに……」と思うことで、結婚生活が辛くなり、離婚の原因となってしまうのです。

異性関係

愛し合って結婚した夫婦でも、魔が差して不倫をしてしまうことがあります。不倫をするのは、夫の場合もあれば、妻の場合もあるでしょう。

そして、不倫をすると、マンネリ化していた結婚生活よりも、不倫のほうが楽しくなってしまうことがあります。その結果、パートナーにバレたり、不倫が本格化したりして、離婚にいたることがあるのです。

離婚する前兆として、夫に表れる特徴


離婚する夫婦には前兆が表れるもの。夫婦関係に魅力を感じなくなった夫には、どんな特徴が見られるのでしょうか?以下の内容をチェックし、離婚する前兆として夫に表れる特徴を把握しておきましょう。

家にいる時間が短くなる

妻のことを愛していて、家庭に安らぎがあるなら、夫は必ず家に帰ってきますし、ゆっくりしたいと考えます。しかし、どこか居心地が悪くなったり、外に遊び相手を見つけたりすると、自然と家にいる時間が短くなってしまうのです。

セックスレスになる

基本的に、男性は女性よりも性欲が強いもの。それなのに、妻を求めなくなるということは、どこかで発散している疑いがあります。不倫をしているからこそ、妻とセックスレスになってしまうということもあり得るでしょう。

離婚する前兆として、妻に表れる特徴


夫への愛が少なくなったとき、妻に見られる特徴があります。その特徴が顕著になるほど、離婚までの距離が近づいていると言えるでしょう。そこで、離婚する前兆として、妻に表れる特徴についてまとめました。

コミュニケーションをとらなくなる

男性よりも女性は、コミュニケーションを大事にしますし、話すことを楽しむ傾向があります。ですが、夫に嫌悪感を抱いている場合、夫とのコミュニケーションを嫌がることがあるのです。

そのため、妻がコミュニケーションをとってこなくなったときには、離婚が迫っていると考えるべきかもしれません。

体に触れられるのを嫌がる

女性は、嫌悪感を抱いている男性に対して、不潔だと感じます。そのため、体に触れられるのを嫌がるのです。妻がセックスを拒むようになったり、あからさまにスキンシップをとりたがらなくなったりしたら、赤信号だと言えるでしょう。

離婚する前兆として、夫婦間のコミュニケーションに表れる特徴


離婚する前兆のひとつに、夫婦間のコミュニケーションに関することが挙げられます。夫婦間のコミュニケーションがどのように変化すれば、離婚の前兆だと捉えられるのでしょうか?さっそく、見てみましょう。

コミュニケーションをとらなくなる

夫婦のうちのどちらか、もしくは2人ともがコミュニケーションをとらなくなった場合は、離婚する前兆と受け取れます。たとえば、挨拶をしなくなったり、ご飯のときにしか話さなくなったりした状態がそうです。

お互いがコミュニケーションをとりたいと思っていなければ、余計に歩み寄ることは難しくなり、離婚へと進んでいきやすいでしょう。

体のコミュニケーションがなくなる

恋愛でも結婚でも、カップルにおいて大事なのが、体のコミュニケーションです。それがなくなるということは、相手のことを異性として魅力に感じていないか、嫌悪感を抱いているからだと言えるでしょう。とくに男性は、体のコミュニケーションがなくなると、不倫に走りたくなる傾向があるので、願望を持つだけでなく実行に移せば離婚につながりやすくなるのです。

離婚の前兆を夫婦が感じたときに、離婚を回避する方法


離婚の前兆を感じたら、できる限り早めに対処することが大切です。その一方で、「離婚を回避するために、どんなことをすればいいのかわからない」と感じる人は、少なくありません。そこで、離婚の前兆を感じたときの回避方法について解説します。

不満を見つけて、お互いに改善に努める

離婚にいたるには、妻か夫、もしくはお互いが何かに不満を持っていると言えるでしょう。ですが、夫婦の形はさまざまなので、お互いの性格などによりそんな不満についてきちんと話し合えないこともあります。

そのため、まずは不満を見つけましょう。そして、夫婦で話し合って、不満を改善できるように努力することが大切です。

夫婦カウンセリングを受けてみる

カウンセリングと聞くと、少しためらってしまう人もいるでしょう。ですが、夫婦間にある不満の原因がわからなかったり、パートナーと話したかったりする場合には、第三者に相談をし、意見を聞くことも大切です。

カウンセラーは、客観的な立場だからこそ、当事者には見えない不満を見つけ出せるかもしれません。そして、冷静な考え方で、適切な改善方法を示してくれるかもしれないのです。

離婚を回避するための方法をとっても、離婚を回避できないと判断するポイントの例

離婚を回避するための方法を実践したとしても、関係が改善されないこともあります。その場合に、離婚を回避できないと判断するポイントは、どこにあるのでしょうか?

今後の人生をより良いものにするためにも、しっかりと確認しておきましょう。

どちらかが今の状況を変えようと努力をしない

夫婦の一方がどれだけ関係を改善しようと思って頑張っても、もう一方も同じような姿勢でいない場合には、一方通行になってしまいます。そのため、問題が解決されず、結婚生活を一緒に送ることが難しくなります

気持ちが冷めてしまっている

不倫が原因で離婚にいたる場合には、気持ちが冷めてしまっていることがあります。そうなると、元のように仲のいい夫婦に戻ることは難しくなってしまいます。

また、あなたが不倫をしていて、その証拠を相手が握っているのであれば、慰謝料を請求されるので、離婚ができなくなることもあります。

まとめ

離婚の前兆として夫婦に表れる特徴を把握しておけば、いち早く別れの危機に気づくことができます。また、あらかじめ離婚の原因をチェックしておくことで、問題が深刻化する前に対処できるかもしれません。

さらに、離婚の前兆を感じたときに、どのような対策をとれば良いのかを把握しておくことで、迅速に改善していけることもあるでしょう。ですが、そういった改善策に取り組んでも、パートナーの協力がなければ、離婚を避けられないということもあります。そんなときには、今後の人生を考え、きっぱりと諦める必要があるのかもしれません。

今回お伝えした内容を参考にして、離婚の前兆を察知し、より良い日々を過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。