不倫の恋の基礎知識!婚期を逃したくない独身女性は読んでおいて損はナシ

この記事の情報提供者

不倫の恋にハマった場合、その後の展開を見通すことが大切。なんとなくで不倫を続けると、ズルズルと関係が長引いてやめどきが見つからなくなるからです。この記事では、

  • 男性は不倫の恋をどうとらえる?
  • 独身女性が不倫の恋にハマる理由
  • 不倫の恋にハマってしまう男性心理
  • 不倫の恋が成就するケース
  • 不倫の恋の引き際

これらのことについて、さまざまな恋の形に詳しいAnnalieseさんのお話をもとにお伝えします。ぜひ、参考になさってくださいね。

男性は不倫の恋をどうとらえる?

男性は、不倫の恋を恋愛とは別物と考えます。どんなとらえ方をしているのか、詳しく見てみましょう。

不倫は不倫

男性は不倫の恋を恋愛とは考えず、不倫は不倫ととらえる傾向があります。「好きになった人との関係は、たとえ相手が既婚でも恋のうち」と考えることが多い女性。ですが男性の場合は、しっかりと区別しているといえるでしょう。

体目的の関係

男性のなかには性欲を満たすために不倫をする人も多く、こういった人は体だけの関係と割り切りがち。このタイプの男性は、不倫によって家庭を壊したくないと考えています。そして、不倫の目的がセックスであると、はっきり自覚していることも特徴的。

不倫の恋に胸をときめかせるのではなく、はじめから割り切って肉体関係を望んでいるタイプです。

独身女性が不倫の恋にハマる理由

人間的な魅力や不倫の恋ならではのドキドキ感から、既婚男性にハマってしまう女性がいます。その理由を詳しく見てみましょう。

独身男性よりも懐が深い

既婚男性は独身男性よりも、優しさ包容力があり、魅力的に見えがち。これは結婚していることによって生まれる余裕からくるものです。一人の女性から愛され、家族を守っている男性に、自信頼りがいを感じてハマってしまう女性は少なくありません。

不倫の恋の刺激にハマる

不倫の恋には、普通の恋からは得られないスリルがあります。「他人の男を横取りしている」といった罪悪感や、「バレたらどうしよう……」といったドキドキ感が刺激になってハマってしまうのです。

不倫の恋にハマってしまう男性心理

不満が募っていたり、妙に自信があったりする男性は、不倫にハマりやすいといえます。あなたのまわりに、こんな男性はいませんか?

仕事に不満がある

仕事でストレスを感じる男性はたくさんいます。この負担が大きくなるほど、癒して欲しくなるのが男性です。

しかし、妻に仕事の話をしてもうまく伝わらず、解決策が見つかるわけでもありません。また、家庭では弱音を吐きづらいといった男性もいるでしょう。

こういった不満が積み重なると、職場の女性にポロリと愚痴をこぼすことがあります。そんなとき、優しさと包容力がある素敵な男性が弱っているから、力になりたいと感じる女性は少なくありません。このようにして既婚男性は妻以外の女性に癒され、不倫の恋にハマってしまうのです。

妻に不満がある

毎日、妻からひどい扱いをされている男性は、不倫の恋にハマりがち。細かいことで責められたり、家事を押し付けられたりすることでストレスが溜まると、ほかの女性に癒してもらいたくなるのです。

この場合、不満の原因が妻であることから、妻に癒されることは望めないと感じやすくなるため、不倫の恋にハマってしまいます。

バレないと思っている

バレることなく、うまく不倫できると考えている男性は、不倫の恋にハマる傾向があります。危機感がないので欲望に負けやすくなるからです。

反対に、用心深い男性の場合は、不倫の恋にハマることはありません。不倫がバレてしまうリスクにフォーカスするので、軽はずみな行動に出ないのです。

不倫の恋が成就するケース

不倫の恋が実を結ぶことは少ないですが、なかには成就することもあります。どんな状況がハッピーエンドに結び付くのか、まとめました。

夫婦関係が破綻している

先述のとおり、パートナーから癒されない人は不倫にハマりやすくなるので、不倫の恋に期待できます。あなたのほうが魅力的に見えるほど、「この人と一緒になったほうが幸せになれるのでは……」という思いが強くなるからです。

そのため、パートナーの欠点などを参考にしつつ、不倫相手が何を求めているのかを把握し、それを満たしてあげれば、不倫の恋が成就する可能性が高まります。

ですが、夫婦関係が普通であり、単に刺激を求めている場合は話が別。このケースでは家庭を壊してまで不倫の恋を優先したいと思う人が少ないので、実を結ぶことはあまり期待できないでしょう。

不倫相手を本気で愛した

夫婦関係に問題がなく、単なる刺激を求めて不倫の恋をした場合でも、可能性がゼロとは限りません。

心から愛せる人に出会えたと感じた場合、家庭を捨てて不倫相手と一生を共にしたいと考えることがあるのです。もともとパートナーのことが好きで結婚したわけではなかったり、マンネリ化していたりする場合には、不倫の恋が実を結ぶこともあるでしょう。

「この人こそが運命の人だったんだ」という気持ちが強まると、今後の人生に不可欠だと考え、「今さら出会わなかったことにはできない」と感じる人もいます。不倫関係によって生じるたくさんの障害が、不倫の恋を燃え上がらせることもあるでしょう。

不倫の恋の引き際

不倫の恋は引き際が肝心。将来を棒に振らないためにも、以下の3点は必ずチェックしておいてくださいね。

デメリットを感じはじめた

不倫の恋に罪悪感を覚えたりしたときが、不倫の引き際です。不倫をはじめたときは、スリルがあって楽しめた場合、冷静さを失っていたことが考えられます。ですが、不倫にデメリットを感じはじめたときは、落ち着きを取り戻した証拠といえるでしょう。

このタイミングで不倫の恋から身を引かなければ、ズルズルと関係が続いてしまい、やめるにやめれない状況になってしまうかもしれません。

不倫独特のドキドキ感が薄まった

不倫の大きな魅力は背徳感やスリルからくるドキドキ感。ですが、付き合いが長くなるほど、新鮮味がなくなってしまってマンネリ化する傾向があります。このときが不倫の引き際です。

不倫の醍醐味がなくなると、残されているものは大きなリスクのみ。「それなら普通の恋愛をしたほうが良い」と見切りをつけ、思い切って終止符を打つのが得策といえるでしょう。

バレそうになったとき

不倫相手のパートナーや周囲の人が気づきはじめたときは、不倫のやめどきです。それ以上、無理に関係を続けてしまうと、疑いが確信に変わり、問い詰められてしまうからです。不倫がバレると慰謝料を請求されたり、職場で働きづらくなったりするなど良いことはありません。

最悪の場合、職を失って貧困生活に陥ってしまうリスクもあります。不倫がバレそうになったときには、いち早く関係を終わらせましょう。

まとめ

不倫の恋は人によってはとても刺激的に思えるので、ハマってしまう人が後を絶ちません。ですが、幸せな結末になる可能性は総じて低く、辛い思いをすることが多いといえます。不倫関係を清算できず長々と続けるほど、バレるリスクが高まることを心にとどめ、しっかりと引き際を見極めましょう。

ポイントは不倫によるデメリットや脅威を感じたときです。この点を押さえて相手との関係性をよく考えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。