離婚後に復縁するきっかけを作る!やり直して今度こそ幸せを掴もう

この記事の情報提供者

あなたは、「離婚したけれど、やっぱり復縁のきっかけがほしい……」と思っていませんか?毎日、顔を合わせていると鬱陶しく感じる相手でも、いざ離れてみるとかけがえのない存在であったと気づくことがあります。そこで今回は、男女の関係性に詳しい桔梗さん提供の情報をもとに

  • 離婚後の復縁が成功する確率と理由
  • 復縁するときに再婚禁止期間はある?復縁を成功させるための適切な冷却期間とは?
  • 離婚後に復縁する人はどんなきっかけが多い?
  • 離婚後に復縁できる可能性のある元夫婦の特徴
  • 離婚後に復縁の可能性がない元夫婦の特徴
  • 復縁を成功させるためのコツやポイント

をお伝えしていきます。この中に知りたいことがある人はぜひ役立ててくださいね。

離婚後に復縁が成功する確率と理由


離婚後にパートナーの大切さが身に染みて、復縁したいと思う人もいます。ですが、一度離婚しているだけに、なかなか復縁が難しいということは珍しくありません。そこで、離婚後の復縁が成功する確率の目安や、その理由について見てみましょう。

離婚後に復縁が成功しているカップルの割合はかなり低い

離婚後に復縁して成功する確率は、残念ながら高くはありません。その理由としては、厚生労働省が発表した、「平成28年度「婚姻に関する統計」の中の、「婚姻に関する統計」が挙げられます。

この統計によると、平成27年に結婚したカップルは675,156組。一方、夫婦共に再婚というカップルは61,325組と発表されており、全体の約9.7%しかないです。

しかも、夫婦共に再婚のカップルと言っても、全員が元夫婦で復縁を経て再婚した人たちというわけではありません。このことから、離婚後に復縁した夫婦はかなり少ないことがわかります。

復縁するときに再婚禁止期間はある?復縁を成功させるための適切な冷却期間とは?


元のパートナーと復縁したい場合、再婚するまでに一定の期間を置かなければいけないのでしょうか?「再婚までの期間が短すぎるといけない」という話を聞いた人の中には、元の相手との再婚禁止期間について、よくわからないという人もいます。そこで、復縁する際の再婚禁止期間の有無や、復縁するために良いとされる冷却期間についてお伝えします。

離婚した相手と再婚する場合には再婚禁止期間がない

離婚後に復縁して再婚したい場合、再婚禁止期間がありません。通常、女性は離婚後に異なる相手と再婚する場合、6ヶ月は再婚することができないとされています。

しかしこれは、女性が妊娠していた場合に、離婚してから再婚するまでの期間が短いと、子どもが前夫との子なのか、新しい夫との子なのかがわからなくなるという事態を防ぐためにあります。そのため、離婚した夫との再婚では問題がなく、再婚禁止期間以内でも再婚が可能となっています。

復縁するための冷却期間の目安は100日~1年以内

冷却期間に関しては早い人で100日程度、長い人では数年から10数年経ってから復縁する人もいます。離婚後も頻繁に連絡を取り合っている人たちは復縁する確率が高く、あまり冷却期間を長くとりすぎると、相手の気持ちが薄れていき、疎遠になるため復縁が難しくなる傾向があります。そのため、100日から1年以内のほうが復縁しやすいと言えるでしょう。

離婚後に復縁する人はどんなきっかけが多い?


離婚後に復縁する人のきっかけを知っていれば、相手の状況や気持ちを察することができるかもしれません。そういった思いをくみ取ったうえで歩み寄れば、復縁の可能性も高まるでしょう。そこで、離婚後に復縁する人には、どんなきっかけが多いのかについてまとめました。

ほかに良いパートナーが見つからない場合

お見合い相手など、別の再婚相手を探しても気に入った人がいない場合です。再婚するために結婚相談所などへ登録してお見合いをしても、話が合わなかったり、相手の年齢や外見など、自分が納得できる条件の人がなかなか見つからなかったりするときには、「結局、元夫(妻)の方が良かった」と感じ、復縁にいたる人もいるのです。

子どものことを考えるようになったとき

女性の場合、離婚してまず最初にぶち当たる問題に、経済的な困窮が挙げられます。たとえ養育費をもらっていたとしても、子ども一人につき、月に数万円です。また、子どもが成長するほどに必要なお金が増えていくため、子育てが辛くなって復縁するというケースもあるのです。

また、男性の場合は、一人になって寂しさに耐え切れなくなったり、子どもと離れたことが予想以上に辛くなったりして復縁を考える傾向があります。

離婚後に復縁できる可能性のある元夫婦の特徴


離婚したにもかかわらず復縁できる夫婦には、大きく分けて3つの特徴があります。この特徴を知っておくと、前のパートナーとの復縁が望めるのかどうかの参考にできるので、詳しく見ていきましょう。

離婚後も定期的に連絡を取り合っている

離婚後も定期的に連絡を取り合っている男女は、関係性が途絶えにくいため、再び愛情が芽生えやすいという特徴があります。よほど仲違いして別れた場合でない限り、離婚してからも連絡を取ったり会って話したりする元夫婦もいるのです。とくに子どもがまだ小さい場合は、定期的に会って食事などをすることもあり、それで復縁にいたるケースもあります。

離婚後もお互いに頼りにする間柄

この場合も子どもがいる人に多いのですが、女性は子どもの友達関係や学校についての悩みなど、元夫に相談するケースが少なくありません。また、男性の場合には、仕事で大きな決断をしなければならないときなどに、これまで一番近くにいて理解してくれた元妻を頼りにすることもあります。

こういったことから、「やっぱり前の夫(妻)がいてくれると助かる」という思いで復縁することがあるのです。

お互いが子どものことを大切に思っている

「子はかすがい」ということわざがありますが、父親が子どもに深い愛情を持っている場合はとくに、復縁する確率が高くなります。子どものことを思うほど、離婚したことで、「辛い思いをさせているのではないか」と感じ、復縁を考えるようになるのです。

離婚後に復縁の可能性がない元夫婦の特徴


離婚後に復縁を望める夫婦もいれば、復縁を望めない夫婦もいます。離婚したときから考えが変わらなかったり、自分のことしか考えていなかったりすると、前のパートナーに歩み寄ることができず、復縁が難しくなるのです。ここでは、離婚後に復縁の見込みが薄い元夫婦の特徴をまとめました。

離婚後もまったく考えが変わらない

離婚したあとに自分のいたらない点を反省するなど成長があれば良いのですが、いつまでも相手のせいだと思っていたり、自分の良くないところなどを改善したりするような変化がなければ、復縁したとしても、また同じ状態になることは目に見えています。そのため、お互いに変化が見られなければ復縁は難しいでしょう。

自分のことしか考えていない

結局のところ、自分のメリットしか考えていない場合は、復縁をしてもうまくいかないものです。その理由は、復縁しても相手に歩み寄れず、すぐに関係が悪化してしまうから。うまく結婚生活を送るためには、お互いが相手のことを思いやったり、協力し合えたりする関係になる必要があるのです。

復縁を成功させるためのコツやポイント

元のパートナーとやり直したいと望むようになった場合、復縁を実現させられる確率を少しでも高めたいと思うもの。ここでは、そのために役立つ情報をお届けします。

内面を磨く

人は内面が変わると、自然に外見も変化してくるものです。たとえ相手が原因で離婚したとしても、そうなった原因は自分にも少しはあるのだと認めましょう。

そうすることで、自然に表情や言動にも変化が現れるので、相手に、「なんか変わったな」と感じさせることができます。離婚前よりも魅力的な人間になることで、復縁の可能性はグンと上がりますよ。

離婚の原因や復縁したいと思う理由を考える

どういう経緯があって離婚にいたってしまったのか、過去をよく振り返り理解することと、どうして復縁したいと思っているのかその理由を紙に書き出してみましょう。そして自分の反省点をよく見つめて、復縁の理由が自分のためだけではなくお互いのためなら、冷静に話し合い自分の本音を素直に相手に伝えてみることがポイントです。

相手にあなたの誠意が伝われば、復縁を成功させられる可能性も高くなるでしょう。

まとめ

離婚後に元の相手と復縁するきっかけとしては、良いパートナーがほかに見つからないことや、子どものことをさらに深く考えるようになることが挙げられます。こういったきっかけが両方にできた場合には、復縁の可能性が高まっているタイミングだと言えるでしょう。

ですが、元のパートナーとの関係性が途切れてしまっていると、相手の状況がわからず、復縁の可能性が低くなってしまいます。そのため、離婚した相手と復縁したい場合には、連絡を取り合ったり、お互いに頼りにしたりする関係性が大切なのです。

今回お伝えした内容を参考にして、復縁するきっかけについて把握し、やり直すための秘訣を実践することで、今後の人生をさらに明るいものにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。