いろんな不倫話が知りたい!パートナーとの関係に悩んだらコレを見て

この記事の情報提供者

不倫話を知ることで、パートナーとの関係を改善できることがあります。どんな未来が待ち受けているかを知れば、軽はずみな行動を避けることも。

刺激的な時間が欲しい……この欲望への向き合い方に詳しい桔梗さんから以下の内容を伺い、わかりやすくまとめました。

  • 不倫がはじまるきっかけ
  • 不倫が盛り上がるきっかけ
  • 不倫関係がバレたときの修羅場話
  • 悲しい結末となった不倫話
  • 不倫関係を解消したあと、配偶者とやり直した話
  • 配偶者ではなく不倫相手を選んだ人の話

いろんな不倫話を知って、今後の参考にしたい人は、ぜひ最後までお読みくださいね。

不倫がはじまるきっかけ

不倫はどんないきさつではじまるのでしょうか?不倫のきっかけについて見てみましょう。

SNS

SNSの普及は不倫を増やすことにつながりました。

不倫でよくあるきっかけは、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで出会うパターン。ネット上で仲良くなり、実際に会ってみてさらに親密に…そして恋愛へと発展し不倫関係に陥る状況が多いのです。

近年では誰もが簡単にインターネットを楽しめる時代となりました。またスマホが普及したことにより、いろいろな世代でSNSを使う人が増え、手軽に恋愛できる時代になったといえます。ネット上では同じ趣味を持った人や価値観が似ている人など、自分と気の合う人を見つけやすいため、実際に会って意気投合するケースが多いのです。

これらの理由によって、今ではSNSやオンラインゲームなどネット上での出会いがきっかけとなり、不倫をしてしまうケースは数多くあります。

SNSで不倫をする人が多い理由

不倫をする原因の多くは、夫婦間のコミュニケーション不足です。パートナーとの会話やスキンシップの減少により、寂しさをネット上で紛らわす人は多くいます。これがSNSで不倫をする人が多い理由です。

不倫が盛り上がるきっかけ

どんな状況が不倫を盛り上げてしまうのか…。ここでは、不倫が盛り上がりやすいエピソードを男女別にご紹介します。

男性が不倫で盛り上がってしまう例

男性の場合、同窓会や職場の飲み会などのお酒の席で異性と意気投合し、酔った勢いでホテルへ行って肉体関係を持ってしまう話が多くあります。夫婦関係がギスギスしていたり、家族とのコミュニケーションが減っていたりすると、自分に価値がないように感じてしまうのが男心。

そのため、たまたま自分のこと評価して認めてくれる女性がいると、気分が盛り上がって不倫にのめりやすくなるのです。

女性が不倫で盛り上がってしまう例

女性の場合は、友人に誘われたイベントなどに参加して、気の合う異性と出会ってしまって不倫に発展する話が多いとされています。そのまま恋心へと発展し、一線を越えてしまうケースが多いのです。

基本的に女性は、自分の話を真剣に聞いてくれる相手に好感を持ちます。そのためパートナーとの会話が減っているときに、同じ趣味趣向の人や共感してくれる異性と出会うと、不倫が盛り上がりやすいのです。

不倫関係がバレたときの修羅場話

バレると修羅場になるケースが多い不倫。どんなエピソードがあるのかご紹介します。

仕事を理由に不倫していたが、バレた話

ある男性は不倫相手と会う際に、残業や接待など仕事を理由にしていたものの、バレてしまった話があります。うっかり処分し忘れていたお店のレシートが見つかってしまい、「不倫しているのでは?」と詰め寄られたケースです。その場はごまかしていたものの、ほかの証拠をつかまれてしまってバレたエピソードです。

不倫がバレて大騒ぎになった話

不倫がバレたことで大きな修羅場を迎えたエピソードには、以下のような話があります。

・不倫がバレた末に大喧嘩となって警察が来たり、裁判沙汰になったりした話
・ダブル不倫をしていたら不倫相手の配偶者が、自分の配偶者にバラしてしまったという話
・不倫相手との子どもを身ごもってしまい、夫に不倫がバレて離婚を告げられた話
・不倫相手の奥さんから職場に内容証明を送られてしまった話

悲しい結末となった不倫話

一時は盛り上がる不倫ですが、その結末は悲惨なことになることも。身の毛もよだつ不倫話を見てみましょう。

不倫相手との間に子どもができた話

悲しい結末となる不倫話には、妊娠が関わることが多いといえます。どのような不倫話があるのか、ご紹介します。

不倫相手と結婚するも破局する話

不倫で子どもができると、多くの場合悲しい結末になってしまいます。たとえば妊娠後にパートナーと離婚して不倫相手と一緒になったものの、結局離婚してしまう話は多々あります。

離婚されたうえに認知してもらえず中絶した話

不倫相手との間に子どもができたことが夫にバレて、離婚を言い渡されるケースも少なくありません。この状況でもなお、不倫相手が自分の子どもと認めてくれず、結局中絶したといった話もよくあります。

誰の子どもかわからず中絶し、不妊症になった話

ほかにも、不倫中に妊娠して夫か不倫相手か、どちらの子どもかわからなくなったケースもあります。結局中絶することになったものの、不妊症を患ってしまったとの話も。このように不倫では妊娠がきっかけとなり、悲しい結末になってしまう話はとても多いのです。

不倫関係を解消したあと、配偶者とやり直した話

いったんは不倫をしたものの、その後うまくやり直せたエピソードもあります。どんな流れでパートナーとの関係を修復したのか、見てみましょう。

誠意を示してよく話し合ったケース

不倫がバレてしまったものの、配偶者とよく話し合ってやり直した話があります。このケースでは、配偶者に誠意をもって謝り、不倫相手との関係を完全に断ち切っていることがほとんどです。

先述のとおり、不倫のおもな原因は夫婦のコミュニケーション不足です。不倫をした理由と自分の弱さを隠さずにパートナーに伝えれば、配偶者が許してくれることもあります。夫婦がお互いの気持ちから逃げずに向き合い、結果的に夫婦関係が改善したとの話も少なくありません。

配偶者ではなく不倫相手を選んだ人の話

不倫の末、パートナーを捨てて不倫相手と人生をともにすることを決める人もいます。どんな状況が不倫相手を選ばせるのか、ご紹介します。

パートナーよりも深く理解してくれた

これは不倫相手がありのままの自分を受け入れてくれたケース。配偶者には自分のことをわかってもらえず不満が募り、反対に自分のことを深く理わかってくれた不倫相手を、より魅力的に感じるのです。

不倫相手の方がより魅力的だった

パートナーよりも不倫相手の方が体の相性が良かったり、高収入だったりすることで不倫相手を選ぶ人も少なくありません。ほかにも不倫相手の包容力に惹かれる人もいます。配偶者よりも不倫相手に大きな魅力を感じると、離婚して不倫相手と一緒になることを決断する人が圧倒的に多いのです。

まとめ

不倫話は状況によってさまざま。不倫の末に悲しい未来を迎えた人もいれば、不倫を機に素敵な将来を手にした人もいます。ですが、不倫によって幸せになるケースは少ないことをふまえておかなければいけません。

不倫はあくまで不法行為。この点をおさえておかないと、人生をめちゃくちゃにしてしまうかもしれません。今回お伝えした不倫話を参考に、より良い夫婦関係を築いてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。