借金を理由に離婚できる?別れるときのお金のあれこれを知りたい方へ

この記事の情報提供者

パートナーの借金を理由に離婚を考えているあなた。決断を早まってしまうと、後戻りできなくなるので気を付けてください。

離婚するとき、借金はどうなるんだろう……とモヤモヤしているアナタのため、本記事では離婚時の借金についてご紹介。夫婦のお金問題に詳しいAnnalieseさんから以下について教えていただき、まとめました。

  • 夫の借金を理由に離婚できる?
  • 離婚した場合、夫の借金はどうなる?
  • 財産分与による借金の取り扱い
  • 借金を理由に離婚した場合の慰謝料について
  • 夫の借金を知ったうえで離婚しない場合の対処法

借金を理由に離婚しようかと悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

夫の借金を理由に離婚できる?


夫に借金があると多くの場合、離婚できると考えられます。その理由について、状況別に解説します。

結婚するときに借金を隠されていた場合

借金があることを知らずに結婚した場合、離婚できる可能性があります。借金があまりにも高額な場合、「これだけの借金があると知っていたら、結婚しなかった…」と考える可能性が高いからです。

結婚後に借金をされた場合

結婚してからパートナーが借金をするようになった場合にも、離婚できるケースが多いでしょう。とくに借金が理由で家庭に生活費をいれなくなると、経済的虐待にあたる可能性が。民法第770条によると、法的に離婚がみとめられる理由は、以下の5つです。

  • 不貞行為(不倫)
  • 悪意の遺棄(家出を繰り返すなど)
  • 3年以上の生死不明状態
  • 重度の精神病であり、回復の見込みがない
  • その他、結婚生活を継続できない重大な自由がある(DV・モラハラなど)

上記のうち、生活費を渡さないことは、「悪意の遺棄」にあたるケースが多いといわれています。また借金がふくらみ、結婚生活に大きな悪影響をおよぼしている場合には、「その他、結婚生活を継続できない事由」にあたる可能性が。

このような点から、借金を理由に離婚できるケースは珍しくありません。ですが、生活をするうえで必要な借金の場合には、離婚理由として認められる可能性は低いといえるでしょう。この理由は後述します。

離婚した場合、夫の借金はどうなる?


離婚するときに、「夫の借金を肩代わりさせられないかな…」と不安になる人もいます。借金を背負う必要がある場合と、そうでない場合があるのでチェックしておきましょう。

日常家事債務

日常家事債務とは、暮らしていくために夫婦のどちらかが借金を背負うことです。この場合の借金は、夫婦が連帯することに。これは、夫が勝手にあなたの名前を使って借金をしていた場合でも同じです。

私的につくった借金

パチンコや競馬、ぜいたく品の購入など、夫が勝手につくった借金の場合、あなたには借金を背負う義務はありません。その借金について関わっておらず、借金したことによる利益を受けていないからです。そのため、離婚したあとも支払い義務が生じないケースがほとんどです。

財産分与による借金の取り扱い


夫に借金がある場合、財産分与のやり方はどのようになるのでしょうか?借金の種類によって異なりますので、ここでチェックしておきましょう。

財産分与の対象となる借金

結婚生活のためにした借金は、財産分与の対象となります。たとえば、足りない分の生活費を補うための借金や、家族で住むために買った家の住宅ローンなどが当てはまります。これらの借金については、財産分与の際にあわせて計算することに。

分け合う財産がある場合には、借金分を引いてから財産分与をします。財産よりも負債額が多くなった場合には、2人で借金を分け合うことが一般的です。

財産分与の対象とはならない借金

夫が自分勝手につくった借金は、財産分与の対象とはなりません。先述のとおり、私的につくった借金は家庭に関係がなく、配偶者に利益をもたらしていないからです。そのため、財産分与をする際には、私的な借金を除外して計算することになります。

借金を理由に離婚した場合の慰謝料について


借金が原因で離婚する羽目になった場合、心に傷を負っていることもあるでしょう。そんなとき、慰謝料をもらえるのかどうかについて、まとめました。

慰謝料の請求は可能

借金が理由で精神的な苦痛を被った際には、パートナーに慰謝料請求ができます。たとえば、夫の借金によって充分な生活が営めなかったり、借金の取り立てがひどかったりする状況などが原因となり、精神的にまいってしまった場合などがそうです。このようにパートナーの借金によって、あなたが精神的な苦痛を被った場合には、慰謝料の請求が認められやすくなります。

借金を理由に慰謝料を請求する際に有効な証拠


パートナーに離婚を切り出したとしても、別れてくれるかどうかはわかりません。また、離婚内容に合意してくれるかどうかもわからないので、より確実に慰謝料を請求したい場合には、以下のような証拠をそろえておくことをおすすめします。

  • 通帳のコピー
  • クレジットカードの利用明細
  • 家計簿
  • パートナーの給与明細など

これらの証拠を残しておけば、離婚調停や裁判離婚になったときに役立ちます。いかに苦しい状況であったかを証明できるほど、慰謝料請求が認められやすくなると考えられるので、おさえておくと良いでしょう。

慰謝料の支払いができないケースも

話し合いによって相手が慰謝料の支払いに同意すれば、裁判などを申立てしなくても、慰謝料を支払ってもらえます。ただし借金が大きすぎる場合には、払いたくても払えない状況に。たとえば、自己破産をすると支払い義務を免れます。

パートナーの状況によっては、慰謝料を受け取れない可能性があることもおさえておきましょう。

夫の借金を知ったうえで離婚しない場合の対処法


夫の借金を知ってもなお、結婚生活を続けると決めたなら、今後同じことを繰り返さないようにしなければなりません。そこで、これからお伝えする2点に取り組むことをおすすめします。

借金をしない環境づくりをする

借金癖のある人は、時間が経つと、また借金を繰り返す恐れがあります。浪費癖がある人はなかなか治らないので、お金を使えない環境を整える必要があります。

たとえば、あなたがお金を管理して夫が使えないようしたり、必要以上にお小遣いを渡さないようにしたりすると有効です。

高い利息で損していると理解させる

平気で借金する人は、「毎月返してるから問題ない」と軽視することが…。ですが実際に計算すると、高い利息を払っているケースが多く、なかには毎月の返済のほとんどが利息分であることも。

このような実情がわかれば、借金をしなくなると期待できます。トータルで見たときに、かなり損しているとわかれば、もっと有意義にお金を使おうと心を入れ替えるかもしれないのです。これらをふまえて、借金が割に合わないと理解させましょう。

まとめ

夫の借金がひどくて離婚を考える人は、少なからずいます。いつも同じことを繰り返すパートナーに呆れてものも言えない人も…。ですが、当の本人も現状をなんとかしたいと悩んでいるケースもあります。

辛いときこそ夫婦で協力して、困難を乗り越えることが重要です。その先に幸せで平穏な日々が待っているかもしれません。早まって離婚すると後戻りができないので、今できることからはじめてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。