離婚の大変さを甘くみないで!最良の選択のために知っておきたいこと

この記事の情報提供者

あなたは、離婚の大変さを知っていますか?「思っていたよりも、ずっと大変だった」とか、「あらかじめ離婚後の大変さを知っていれば、パートナーとの関係を改善していたのに……」などと感じ、後悔する人は少なくありません。そこで今回は、男女の関係性やトラブルに精通しているAnnalieseさんに、離婚の大変さについて伺ったうえで、

  • 離婚が大変と言われる理由
  • 離婚の大変さを乗り越えるために必要なこと
  • 子どもがいる場合に生じる離婚の大変さとは?
  • 離婚が大変なときに相談できる専門家と、相談できる内容
  • 離婚後の大変さとは?
  • 離婚の大変さを知ったうえで、離婚するかどうかを決断する方法

をまとめました。離婚後の大変さが気になる女性は、ぜひ確認してみてくださいね。

離婚が大変と言われる理由

離婚が大変と言われるのは、離婚成立までの道のりが長いからです。離婚は、双方の同意のうえで成り立ちます。そのため、あなたが離婚したいと思っていても、相手が同意しない場合は、サインしてもらうまで時間をかけて納得させないといけません。

また、相手が離婚に同意したとしても、次は財産分与や慰謝料などを決めなければといけません。相手がそれに納得すればいいですが、納得しない場合には、最終的に調停離婚となります。

つまり、第三者によって離婚の成立を認めてもらい、財産分与などを決めることになることから、離婚は大変と言われるのです。

離婚の大変さを乗り越えるために必要なこと


離婚の大変さを乗り越えられないと、いつまでも新しい生活をはじめられません。毎日、不満や苦しみに耐えながら、嫌な気持ちで相手との関係を維持しなければならないので、離婚を決意した場合には、うまく乗り越えられる術を心得ておくことをおすすめします。

そこで、離婚の大変さを乗り越えるために必要なことについて、まとめました。

離婚する理由を明確に持っておく

離婚の大変さを乗り越えるためには、明確な理由が必要です。これがなければパートナーをうまく説得できなかったり、離婚に対する迷いが生じたりするので、離婚の大変さを乗り越えづらくなります。

そのため、離婚する際には、前もって準備しておくことがとても大切なのです。

Annalieseさん
相手と離婚したいと思う理由は何かをはっきりと認識しておく、また離婚の決め手となったことがあるなら、証拠を用意しておくといった準備をしておくと、少しでも離婚をうまく進められますよ。

信頼できる弁護士に相談する

経験豊富な弁護士を味方につけておけば、調停離婚などの際に代理人になってくれます。つまり、あなた一人では主張できないことをサポートしてくれるのです。

また、弁護士に話をすることで、精神的な負担が和らぐというメリットもあります。

子どもがいる場合に生じる離婚の大変さとは?


離婚の大変さは、子どもの有無によって違いがあります。子どもがいる場合には、離婚に際して決めなければいけないことが増え、その分相手との衝突も増える可能性があるのです。

そこで、子どもがいる夫婦が離婚をする場合に、どのような大変さがあるのかについて見ておきましょう。

親権について取り決めを交わす必要がある

子どもがいる場合に生じる離婚の大変さには、親権についての取り決めが挙げられます。離婚する際に、「どっちが子どもを引き取って育てていくのか……」という問題について決めないといけないことは、時に大変な状況につながってしまいます。

どちらも子どもを引き取りたいとなった場合に、親権を争わなければならないからです。

養育費の支払いについて決めなければならない

離婚後には、養育費を払わないといけなくなります。子どもがまだ未成年であれば、子どもが立派な大人になるまで養育費を払う義務があるので、今まで通りに会えるわけでもないのに、ただお金だけを振り込まないといけなくなるのです。

そのため、養育費の支払いについても、うまく折り合いがつけられないということがあり、さらに離婚を大変なものとしてしまう恐れがあります。

離婚が大変なときに相談できる専門家と、相談できる内容


離婚が大変だと感じたときには、誰かに助けを求めることも検討しましょう。とくに、離婚や男女関係に詳しい専門家に相談できると、新しい気づきや解決策を得られるかもしれません。

そこで、離婚が大変なときに相談できる専門家と、相談できる内容についてお伝えします。

パートナーの不倫が気になる場合は探偵に相談できる

離婚の原因のひとつには、不倫が挙げられます。もし、パートナーが不倫していると感じるのであれば、探偵を雇い証拠を見つけて離婚を迫ることができます。不倫の証拠を得られると、離婚を有利に進められるケースがあるので、離婚の大変さを軽減することが期待できます。

法的なサポートが必要な場合は弁護士に相談できる

弁護士は、法律のプロです。そのため、離婚と認められる原因にはどのようなものがあるのかや、慰謝料や財産分与などはどうなるのかということを知るためには、弁護士に相談することをおすすめします。

Annalieseさん
弁護士には得意な分野があるので、離婚弁護の経験が十分にある弁護士を探しましょう。

離婚後の大変さとは?


離婚するまでの大変さに気を取られていると、離婚したあとの生活で、思わぬ苦労を背負い込むかもしれません。なぜなら、離婚後の生活が、それまでの暮らしよりも良いものになるかどうかわからないからです。

せっかく離婚を乗り越えたのに、その後の生活でさらに大変さを感じないためにも、離婚後の苦労についても把握しておきましょう。

子どもへの影響を最小限に抑えなければならない

子どもがいる場合、子どもにも離婚の影響が生じます。子どもは、大人よりも離婚などについて敏感です。離婚によって、名字を変更しないといけない場合には、学校などでの友達からの視線も気になるでしょう。

このようなことから、子どものメンタル面もサポートしていく必要があるのです。

離婚後の生活に慣れない

夫婦関係が良くなかったとしても、離婚するまではお互いに協力して生活しているケースが多いので、離婚後の生活に慣れないという大変さを感じることがあります。とくに女性は、離婚後に経済面で不安が大きくなりがち。夫の収入に頼っていた場合には、離婚後の生活が大きく変わってしまうでしょう。

また、子どもを一人で育てていくとなると、さらに負担が増えることになります。こういった理由で、離婚したあとも大変さを感じる人は珍しくありません。

離婚の大変さを知ったうえで、離婚をするかどうかを決断する方法


離婚の大変さを理解しても、やはり離婚について迷ってしまう場合には、どうすれば良いのでしょうか?そのときの感情で離婚して、あとで悔やむことがないよう、離婚するかどうかを決める方法について押さえておきましょう。

離婚以外の方法で問題を解決できないかについて、じっくりと考える

いま抱えている問題やストレスを、離婚しないで解決できないかどうかと考えることは、とても重要です。その理由は、一度離婚してしまうと後戻りできなくなるケースが多いから。そのため、離婚をする前にしっかりと考えたうえで、もっとも良い判断をする必要があります。

離婚を考える際には、相手に対する不満や、ストレスを感じることがあるという原因があります。それらの問題を、離婚とは別の方法で解決できないかと考えることで、パートナーとの関係性が良くなることもあるのです。

離婚が子どものためになるのかどうかを考える

離婚は、子どもに大きな影響を与えます。そのため、離婚をしても子どもが幸せでいられるかどうかを考えるべきです。子どもがいることで離婚するのを思いとどまり、解決方法を見つけることもできるはず。

そのため、子どもの将来をしっかりと考え、本当に離婚すべきかどうかについて検討することをおすすめします。子どもの今後についてパートナーと本音で話し合うことにより、状況が改善される可能性もあるのです。

まとめ

離婚は大変だと言われる理由は、相手の同意を必要とすることや、離婚の条件を決めるのが難しいからです。また、子どもがいる場合には、決めなければいけないことが増え、さらに大変さが増します。

離婚をする場合には、これらの大変さを把握したうえで、しっかりと準備をしたり、必要に応じて専門家に相談したりすると、できる限りうまく進められるでしょう。また、離婚の大変さを知れば、パートナーとの関係を見直すことの重要性にも気づけるはず。一時の感情で離婚するのではなく、冷静に考え、後悔しない選択をすることが大切なのです。

今回お伝えした内容を参考にして、より良い人生を歩んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。