離婚に踏み切る勇気が出ない!そんなアナタの背中を押します

この記事の情報提供者

「離婚をしたいのに、なかなか勇気が出ない……」と悩む人がいます。もしかすると、あなたもその一人なのかもしれません。該当するのであればなぜそうなっているのかをはっきりさせて、少しずつ物事を前進させることが大事です。当記事では、男女関係の悩みに詳しいAnnalieseさんから聞いたお話をもとに

  • 離婚をすることに勇気が出ない原因
  • 離婚をすることに勇気が出ない状況を解消する方法
  • 離婚をする勇気を出すために相談できる専門家とは?
  • 離婚をする勇気を出すために準備しておくこと
  • 離婚をする勇気が出たあとにやるべきこととその順序

を解説していきます。離婚を考えてはいるものの、なかなか決心できないという人はぜひ役立ててくださいね。

離婚をすることに勇気が出ない原因


離婚を考えているのに勇気が出ず、決断できない人は珍しくありません。離婚をすると、それまでの生活とは異なる暮らしになるので、不安に感じてしまうからです。どのような不安を感じて離婚をすることに勇気が出ないのか、詳しく見てみましょう。

子どものことを考えるから

子どもがいると、夫婦二人だけで離婚する場合とは異なり、不安に感じることが増えます。親権についての話し合いをするほか、養育費についても取り決めをしなければいけません。また、子どもの将来にも影響があるため、離婚するのに勇気が必要となるのです。

離婚をしても金銭的に暮らしていくことが難しいと感じている

結婚生活のあいだ、パートナーの収入に頼っていると、「離婚したら、自分一人では生活費を稼げないかもしれない」と感じる人は少なくありません。自分だけの収入だけでしっかりと暮らしていけないかもしれないと考えることで不安が募り、離婚をすることに勇気が出ないことがあるのです。

離婚をすることに勇気が出ない状況を解消する方法


離婚をしたいけれど勇気が出ない場合、気分が晴れないまま毎日を過ごさなければなりません。そんな時間を長引かせないために、できることがあります。そこで、離婚に対して勇気を持てない状況を解消する方法をまとめました。

親に相談してみる

離婚することに勇気が出ない場合は、人生の先輩であり、あなたのことを一番わかっている親に相談してみましょう。親からアドバイスをもらえたり、サポートをしてもらえたりする可能性があります。

親に相談することも勇気が必要かもしれません。ですが、離婚することになるといずれ親には知られることになるので、より良い決断をするためだと思って勇気を出して相談してみましょう。

別居してみる

自分だけ実家に戻るなど形はどうであれいったん別々に暮らしてみると、離婚が成立したあとの生活のシミュレーションができます。離婚すれば後戻りができなくなる確率が高いので、その前に別居というワンクッションを入れて、婚姻関係を解消することについて考えてみましょう。

離婚をする勇気を出すために相談できる専門家とは?


離婚をする勇気を出したいと思ったら、離婚に関する知識や経験が豊富な専門家に相談することをおすすめします。たくさんの事例を見てきた専門家だからこそ、適切なアドバイスをしてくれる可能性があるのです。そこで、離婚をする勇気を出すために相談できる専門家について、まとめました。

離婚カウンセラー

離婚について夫婦で話しても堂々巡りになってしまう場合には、第三者の意見を聞くのも良いです。そうすることにより、離婚がスムーズに進む可能性があります。離婚カウンセラーとしての経験を活かして、離婚したほうが良いという後押しをしてもらえれば、自分の考えに自信を持てることもあるでしょう。

勇気が出るだけではなく、離婚に対して適切な考え方ができるようになることもあるので、パートナーとの話し合いが進まなくなった場合には、離婚カウンセラーに相談することを検討してみてください。

弁護士

法律のプロである弁護士に相談すると、専門的な面から離婚のメリットとデメリットについて教えてくれます。また、弁護士はあなたの代理人として、あなたに有利になるよう離婚への手続きを進めてくれます

ただし、中には離婚関係を得意としていない弁護士もいるので、あらかじめ離婚案件についての実績などを確認しておくと良いでしょう。また、親身になって対応してくれる弁護士でないと、あなたの気持ちを汲んだうえで手続きを進めることができず、不本意な結果になってしまうかもしれないので、くれぐれも気をつけてください。

離婚をする勇気を出すために準備しておくこと


離婚するために勇気を出したい場合には、あらかじめ準備しておくことが大切です。しっかりと覚悟をして離婚に備えておくと、不安要素を少なくできるので勇気が出てくることがあります。そこで、離婚をするための勇気を出すために準備しておくことについて、確認しておきましょう。

離婚後の生活の目途を立てておく

何が何でも離婚したいと思って離婚をすると、あとで悔やんでしまうことがあります。「離婚後、金銭面で苦労しないかどうか」や、「どこで暮らしていくのか」などを考えておくと、不安が少なくなり離婚に対して勇気を持てることがあるのです。

離婚の原因となる証拠を集めておく

たとえば、家庭内暴力で離婚したい場合や相手の不倫で離婚したい場合は、それらの証拠が決定打になります。離婚をスムーズに進められるだけでなく、有利に進められることもあるので、証拠を残しておきましょう。

離婚をする勇気が出たあとにやるべきこととその順序


離婚をする勇気が出たら、まずはパートナーに離婚の意思を伝える必要があります。また、必要に応じて、調停離婚や裁判離婚をしなければならないかもしれません。そこで、離婚をする勇気が出たあとにやるべきことをお伝えします。

離婚をする勇気が出たあとにやるべきこと①パートナーに離婚の意思を伝える

あなたが離婚したいと思っていても、相手が離婚に同意するかどうかはわかりません。そのため、離婚したいことを相手に伝えて、これからどうしていくかを話し合う必要があります。うまく離婚に向けて進めるためにも、離婚したいと思った理由や根拠を示し、パートナーを納得させられるよう、考えたうえで意思を伝えると良いですよ。

離婚をする勇気が出たあとにやるべきこと②同意を得られない場合は、調停離婚や裁判離婚に持ち込む

2人で話し合っても離婚が成立しない場合は、第三者を交えて離婚できるかどうかを判断していきます。また、財産分与や慰謝料などについても、第三者によって決められます。

調停離婚や裁判離婚を進めるにあたって不安を感じる場合には、弁護士に相談することも検討してください。良い弁護士を見つけられれば、専門知識と豊かな経験であなたをサポートしてくれるでしょう。

まとめ

離婚をしたいのに勇気が出ないという場合、将来に対する不安が関係していると言えます。生活を一変させる離婚は、自分や子どもの将来を大きく左右するもの。だからこそ、勇気を持てず悩んでしまうのです。

そんなときには、親に相談したり別居をしてみたりするなど、今までとは違うアクションを起こすことが大切です。これまでとは違うことをするからこそ、新たな発見があるかもしれません。ほかにも、離婚に詳しい専門家に相談したり、離婚に対する準備を整えたりしておくことで、不安を軽減し、勇気を出すことにつながることがあります。

また、離婚に対する勇気を持てたら、その次のステップまで確認をしておきましょう。用意周到に準備をしておけば、離婚に対する勇気も強くなることが期待できます。より良い将来を手にするためにも、今回お伝えした内容を役立ててくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。