離婚を考えるときのタブー。相談するときの心がけで明るい未来を!

この記事の情報提供者

離婚を考えるときは、「何とか現状を打開したい」という思いが強くなりがち。そんな思いが募って、一時の感情で離婚してしまうと、後悔する羽目になるかもしれないので注意が必要です。そこで今回は、男女関係の悩みに精通しているAnnalieseさんに、離婚を考えることについて教えていただき

  • 夫が離婚を考えるときと、その理由
  • 妻が離婚を考えるときと、その理由
  • 離婚を考えたときにやってはいけないことと、その理由
  • 離婚を考えるときに相談すべき相手・専門家とは?
  • 離婚を相談するときに心がけると良いこと

をお伝えしていきます。離婚を考えている女性は、ぜひお役立てくださいね。

夫が離婚を考えるときと、その理由


夫が離婚を考えるときは、妻と一緒にいることへの不快感を覚えたとき。共に過ごす時間を苦痛に感じることで、夫は離婚を考えてしまうのです。そこで、夫が離婚を考えるときのことを詳しく見てみましょう。

性格の不一致を感じたとき

夫が離婚を考えるのは、性格の不一致を実感したときが一番多いです。恋愛しているときは気づかなかったものの、結婚後に妻から細かいことを聞かれて面倒になったり、束縛されているように感じたりする男性もいます。

また、食事の時間について文句を言われたり、生活習慣についてのダメだしをされたりしたときなどに、肩身が狭くなるのです。

妻による精神的暴力を受けたと感じたとき

結婚をして、妻の性格が変わったと感じる男性は少なくありません。結婚するまでは穏やかだった女性が、結婚後には些細なことに口出しされるようになったり、いつまでもグチグチと言われたりすることに、耐えられなくなる人もたくさんいます。

一緒にいることが楽しいと感じることがなくなって、男性は離婚を考えるようになるのです。

妻が離婚を考えるときと、その理由


妻が離婚を考えるときには、精神的・肉体的苦痛を受けたとき。具体的には、どういった状況なのか、見てみましょう。

性格の不一致を感じたとき

男性と同様、妻も性格の不一致を感じたときに離婚を考えます。恋愛をしているときは相手の嫌なところが見えなかった女性でも、結婚をして長年一緒にいると、嫌なところが目につくようになります。

また、子どもができたあと、子育てに口出ししてくる夫に嫌気がさし、離婚を考える妻が多いのです。

夫から家庭内暴力を受けたとき

男性は、女性よりも愚痴などを言わずに、溜めこむ傾向があります。言いたいことが言えず、ストレスが溜まったあげくに、手を出すようになる男性がいるのです。

暴力をふるわれたときに、離婚を考える女性がいるのは仕方がないこと。時には、生命の危険を感じることもあるので、そういった場合には早急な対応が必要です。

離婚を考えたときにやってはいけないことと、その理由


離婚を考えたときには、悲観的に考えすぎても良くありませんし、その反対に楽観的に考えすぎてもいけません。できるだけ苦しみを少なくできるよう、離婚を考えたときのタブーを見ておきましょう。

離婚について1人で抱え込んだり、悩んだりしない

離婚というテーマはプライベートな話題という理由から、なかなか誰かに話せないこともあるでしょう。しかし、1人で悩んでいると、考えが堂々巡りになってしまったり、ネガティブなことしか考えられなくなったりしてしまいます。

1人で考え込んでいるうちに、思い詰めてしまって良い考えが浮かばないこともあるので、抱え込まないことが大切なのです。

離婚をすればなんとかなるとは考えない

離婚してしまえば楽になるし、経済面でもなんとかなると楽観視したくなるでしょう。しかし、実際に離婚をすると後悔してしまう人もいるのです。生活水準が下がってしまったり、頼れる人がいなくなったりして、精神的なダメージが積み重なることもあります。

そのため、離婚を考えたら、まずは離婚後の生活について慎重に検討する必要があるのです。

離婚を考えるときに相談すべき相手・専門家とは?


離婚を考えるときには、1人で考え込まないことが大切です。では、いったい誰に相談すれば良いのでしょうか?そこで、離婚を考えるときに相談すべき相手や、相談すべき専門家についてまとめました。

親・兄弟など

まずは、小さい頃からあなたのことを知っていて、あなたの味方でもある家族に相談してみましょう。また、親は人生の先輩でもあるので、結婚生活についてのアドバイスがもらえるはずです。あなたの悩みを打ち明けるだけでも精神的に楽になることもありますし、何かしらの手助けをしてくれる可能性もあります。

離婚についての相談は、気が進まないと思いますが、離婚が決定してしまうと後戻りができません。手遅れになってから相談するよりも、早めに相談をして、活路を見出せるようにすることが重要です。

離婚カウンセラー

離婚が決定した段階ではなく、まだ弁護士などに相談する必要がないなら、離婚カウンセラーにあなたの気持ちや夫婦の問題を話してみましょう。離婚カウンセラーというプロに相談することで、問題に対してどのように対処したらいいかがわかるはずです。

経験豊富な離婚カウンセラーであるほど、あなたが気づかなかった解決策を提示してくれるかもしれません。1人で悩みを抱え込んでいると、客観的に考えることができなくなり、誤った決断をしてしまうかもしれないので、離婚のプロに相談して、より良い決断ができるようにしましょう。

離婚を相談するときに心がけると良いこと


離婚を相談するときには、できる限り現状を良くするための心がけが必要です。相談するときの振る舞いを間違えてしまうと、状況が悪化する恐れがあるので、どんなことに注意すれば良いのか確認しておきましょう。

真実を冷静に伝える

離婚のことを考えると、どうしても感情的になってしまうことがあります。ですが、感情的に話すよりも冷静に話すことが大事です。そして、嘘を言っても解決にはならないので、真実を伝えるようにしましょう。

真実を冷静に伝えると、相手も冷静に考えることができ、より的確なアドバイスがもらえることが期待できます。むやみに感情的になってしまうと、相手のペースを乱してしまい、情報を正確に伝えられず、悪い状況を招いてしまうかもしれないので、注意しましょう。

自分に不利なことも話す

離婚の相談をする際には、自分にとって不利なことを隠したくなる人が多いもの。ですが、離婚カウンセラーや弁護士にとっては、あなたからの情報がすべてです。あとから不利な部分が出てくると、対応できないこともあるので、あらかじめすべてを伝えるようにしましょう。

まとめ

離婚を考えるときは、精神的にも追い詰められていることが多いもの。ですが、そんな状況から早く抜け出したいと焦ってしまうと、さらに状況を悪化させてしまう恐れがあります。そんなことにならないよう、離婚を考えたときにやってはいけないことや、相談すべき相手についてあらかじめ確認しておきましょう。

また、離婚について相談するときには、できる限り状況を改善できるような振る舞いが重要です。そのためにも、ここでお伝えした内容を参考にして、少しでも良い状況につながるようにしてくださいね。幸せな将来を迎えられるよう、冷静に対処していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。