離婚の痛手から立ち直るのは簡単じゃない!早く抜け出す方法とは?

この記事の情報提供者

離婚のショックから立ち直るためには、これまでの過ごし方を見つめ直すことが重要です。間違った方法で毎日を送っていると、辛い気持ちが強くなることがあるので、注意することをおすすめします。そこで今回は、男女関係の悩みに精通しているAnnalieseさんから聞いたお話をもとに

  • 離婚が辛い理由とは?
  • 離婚のショックから立ち直るまでの期間とは?
  • 離婚のショックから立ち直るための方法
  • 離婚のショックから立ち直るために普段の生活で心がけたほうが良いこと
  • 離婚のショックから立ち直るために相談できる専門家

をお伝えしていきます。離婚のショックから立ち直る方法が気になる人は、ぜひ参考になさってくださいね。

離婚が辛い理由とは?


離婚が辛い理由には、子どもに対する思いと、パートナーに対する思いが影響しています。離婚した人は、どんな理由で辛さを感じるのでしょうか?さっそく、見ていきましょう。

離婚後に子どもと会えなくなる

もし、あなたが男性で子どもの親権が妻に渡ると、愛する子どもと好きなときに好きなだけ会うことが難しくなります。また、子どもが成長していく姿を常に見守ることができないため、辛くなるでしょう。

子どものことを思って毎日仕事を頑張れたけれど、子どもと離ればなれになったことにより働く意欲が低下してしまう人もいるので、精神的なダメージが大きいと考えられるのです。

パートナーに未練がある

相手から離婚したいことを告げられて離婚にいたったものの、まだあなたの心が準備できていなかった場合は、後悔することがあります。パートナーに未練があるときは、離婚までにできるだけ話し合い、心のモヤモヤを少なくできるようにしましょう

離婚に納得できないまま別れてしまうと、その後、長いあいだ苦しむことになってしまうかもしれないので、注意することをおすすめします。

離婚のショックから立ち直るまでの期間とは?


離婚のショックから立ち直るにはある程度の期間が必要ですが、その期間は別れ方によって異なります。そこで、離婚のショックから立ち直るまでの期間について、チェックしていきましょう。

円満に離婚した場合

円満に離婚できた場合には、立ち直るまでにそれほど期間はかかりません。お互いに納得したうえでの離婚となると、「やるべきことはやった」という思いがあるため、後悔が少なくなりやすいのです。

パートナーへの未練がない場合には、離婚後に自分の幸せを求める人生を送ろうと前向きになれることでしょう。

円満でない離婚の場合

円満に離婚できなかった場合には、立ち直るまでに相当な期間を要することもあります。離婚をしても、納得できていなかったり、パートナーへ未練があったりすると、離婚のショックから立ち直るまでには時間が必要です。

長い人であれば、立ち直るまでに5年以上かかることもあるでしょう。

離婚のショックから立ち直るための方法


離婚のショックはとても大きく、激しく後悔してしまう人もいます。そんな状況から立ち直るためには、どうすれば良いのでしょうか?そこで、離婚のショックから立ち直るための方法についてまとめました。

とにかく仕事に集中する

仕事で忙しい毎日を送っていれば、相手のことや離婚したことを思い出す時間が減ります。また、仕事が捗ることで、離婚後の経済面での悩みもなくなるでしょう。精神的に辛いときだからこそ、仕事に没頭することで余計な苦しみを増やさずに済むのです。

その反対に、精神的に辛いからといって仕事を休みがちになってしまうと、物事を悪い方向に考えて思い詰めてしまうことがあるので、注意しましょう。

友人や家族など信頼できる人に話を聞いてもらう

離婚のショックはとても大きいことがあり、なかなか立ち直れないことがあります。そんなときは、あなたが一緒にいて安らぐ人や信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。そうすることで気持ちが和らぎ、辛い気持ちから少しずつ抜け出せることがあるのです

一人で悩んでいると悪いほうにばかり考えてしまうことがあり、精神的に良くないので、マイナスな気持ちを発散させるように意識しましょう。

離婚のショックから立ち直るために普段の生活で心がけたほうが良いこと


離婚のショックが大きく自分を責める人もいますが、そのようなことをしても状況が良くなるわけではありません。より良い日々を送るためにも、普段から心がけたほうが良いことを押さえておきましょう。

自分のせいで離婚したわけではないと考える

離婚にいたると、人によっては自分を責めてしまうことがあります。しかし、結婚も離婚も夫婦2人でしたことです。離婚にいたったということは、あなただけでなく、相手にも非があったということを覚えておきましょう。

むやみに自分を責めるのではなく、今後の人生をより良く生きるために、反省すべき点は反省して、気持ちを切り替えて生きていくことが大切なのです。

時間が解決してくれると信じる

時間は、ほかの何よりも心の傷を癒す特効薬です。離婚後しばらくは辛いかもしれませんが、時間が解決してくれると思うことで、前向きに毎日を過ごすことができます。

そのようにして意識的にプラス思考を心がけることで、本当に時間が癒してくれることは珍しくないので、努めて前向きになれるように意識しましょう。

離婚のショックから立ち直るために相談できる専門家


「離婚のショックからなかなか立ち直れない」とか、「まったく立ち直れる気がしない」というときには、専門家の力を借りることを検討しましょう。そこで、どのような専門家に相談すれば良いのかについてまとめました。

心理カウンセラーに相談する

心理カウンセラーは、あなたの過去の話を聞き、「これからどうしたらいいのか」などのアドバイスをしてくれます。また、辛い離婚のショックを真摯に聞いてくれる心理カウンセラーに話をすることで、あなたの心の傷が和らぐ効果も期待できるでしょう。

親や知人には話しづらいことでも、第三者である心理カウンセラーになら話しやすいという人はたくさんいます。また、客観的な立場で相談にのってくれるというメリットもあるので、離婚のショックから立ち直れないと悩んだときには、心理カウンセラーへの相談を検討すると良いでしょう。

心療内科や精神科を受診する

離婚後の心の傷は、目に見えず、なかなか気づかなかったり、すぐに治せなかったりすることは珍しくありません。心の傷が深く、まったく立ち直れそうにない場合や、辛さが増していると感じるときには、早めに心療内科や精神科に行き、専門医のサポートを受けることをおすすめします。

まとめ

離婚のショックから早く立ち直れるかどうかは、円満に離婚したか、そうでないかによって異なります。納得できないまま離婚してしまうと、5年以上もの時間がかかることもあるので、その悩みはとても深刻です。うまく立ち直れないと前向きに生きることが難しく、離婚後の人生が暗いものとなってしまいがち。

そんなときには、仕事に集中したり、親しい人に話を聞いてもらったりして、思い詰めないように注意することが重要です。それでもうまく立ち直れず、身近な人に辛い気持ちを打ち明けられないときには、専門家に相談することも検討してみましょう。少しでも明るい気持ちになれるよう、今回お伝えした内容を参考にして、より良い日々を送ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。