不倫の別れ方を徹底解説!後腐れなく縁を切りたい人へ

この記事の情報提供者

不倫相手との別れ方がわからずに困っていませんか?危険で甘美な不倫から抜け出すのは、簡単なことではありません。

「どうすれば不倫関係を解消して、新しい出会いに手を伸ばせるんだろう?」とお悩みの方のため、今回はこの問題について詳しい桔梗さんのお話をもとに、次のことをお伝えしていきます。

  • 不倫をしている人が不倫相手と別れられない理由
  • 不倫をするリスク
  • 不倫相手との具体的な別れ方
  • 不倫相手が別れに応じない理由
  • 別れの決意が揺らいだときの対処法

いずれも不倫関係を終わらせるために役立つ情報なので、ぜひご覧くださいね。

不倫相手と別れられない理由

不倫をやめられない理由の奥底には、相手への好意が隠れていることも少なくありません。どんな状態なのか、さっそく見てみましょう。

相手に泣かれると弱い

別れ話をしたものの相手に、「絶対に別れたくない!」と泣かれてしまい、別れられずズルズルと不倫関係を続けてしまうのはよくある話です。相手に後ろめたい気持ちがあったり、自分が悪者になるのが嫌という罪悪感があったりするため、冷たく切り離せないのでしょう。

相手からしつこく連絡がくる

これは女性に多いのですが、別れ話はするものの、「連絡がくるから私は別れられない」と思い込んでいるタイプです。「彼は奥さんよりも私に夢中なんだわ」と、優越感に浸りたいだけで本音は別れたくないのでしょう。

バレるのは怖いけどバラしてやりたい

不倫を続けることが嫌になり別れようと決意したものの、不倫を心の底では楽しんでいた人に多いのがこの理由です。このタイプの人は、自分の存在を相手のパートナーに知られないまま別れるのは、悔しいと感じています。つまり決意とは裏腹に、相手への気持ちは冷めていない状態なのです。

別れる前に仕返ししたい

このまま別れてしまっては自分だけが損したような気分になり、相手にも傷を残してやりたいという思いがあるのでしょう。つまり本気で別れたいと思っているのではなく、未練があるから仕返ししたいと思うのです。

不倫をするリスク

不倫のリスクを知っておかないと、せっかくの人生を台無しにしてしまうかも……。どんな危険が潜んでいるのか、確認しておきましょう。

慰謝料を請求される

パートナーに不倫していることがバレてしまうと、慰謝料を請求される恐れがあります。もしあなたも不倫相手も既婚者なら、自分のパートナーと相手のパートナーから慰謝料を求められるかもしれません。

相手が既婚者と知っていながら肉体関係を持つことには、金銭的なリスクが伴うことを認識しておく必要があるでしょう。

まわりの人から信用されなくなる

不倫は法律に違反する行為なので、家族や友達など、身のまわりの人にバレることで信頼を失ってしまいます。あなたを見る目が変わったり、接し方が変わったりすることがあり、人間関係がぎくしゃくしてしまうことがあるのです。

仕事がうまくいかなくなる

職場内で不倫をしていると、会社にバレることで異動を余儀なくされることがあります。日ごろの頑張りが認められていても、不倫の事実がバレてしまうと、一気に仕事がやりづらくなるでしょう。出世コースから外されたり、同僚から冷たい目で見られたりすることに耐えられない人は珍しくありません。

なかには、自ら退職を選ぶ人もいるほど。仕事に関して悪影響が出ることは、不倫における大きなリスクといえるでしょう。

幸せになるチャンスを逃す

不倫をしていても、望むような結果が得られないことがほとんど。不倫に費やす時間が長くなるほど、婚期を逃しやすくなります。不倫相手に夢中になっているうちにまわりの友達が次々と結婚し、気づけば自分だけが独身のままでいることも。

せっかくの恋愛を楽しめる時期なのに不倫にハマってしまうと、幸せになるチャンスを逃しやすくなるので、注意しましょう。

不倫相手との具体的な別れ方

不倫をやめるためには、それまでと違った行動をとらなければいけません。具体的にはどんな別れ方をすれば良いのかを、ここではまとめました。

会わない状況をつくり出す

まずは、不倫相手と密会しないところにこぎつけましょう。以下の2点を参考になさってください。

別れ話を持ち出す

「相手から別れを切り出してくれないかな……」などと受け身でいる限り、不倫関係から抜け出すことはできません。不倫をする既婚者の大半は、自分の欲求不満を解消するために不倫をします。そのため、相手に別の愛人ができたり、不倫がバレてしまったりといったことがない限り、別れることはできません。

先ほどお伝えした離婚のリスクをしっかりとふまえ、強い気持ちで別れを切り出すことが重要です。

自然消滅にもっていく

この別れ方は、不倫相手に別れ話をしてもらちが明かない場合に効果的です。普通の恋愛なら相手と話し合ったうえで別れるのが筋でしょうが、不倫の場合には話が別。お互いにとって都合が良い関係を求めあう不倫では、別れ話をしなければいけないなんてことはありません。

弁の立つ相手の場合は、直接別れ話をすることでいいくるめられてしまうこともあるでしょう。こういった場合には、少しずつ会う頻度や連絡の回数を減らすことにより、自然消滅を狙うと良いですよ。

連絡をシャットアウトする

不倫相手と会う機会をなくせたあとは、LINEやメール、電話などの連絡手段もすべて断ち切ることをおすすめします。LINEならブロック、メールや電話は着信拒否。家を知られていて、相手が家まで来るようなときは引越しも検討したほうが良いでしょう。

なんらかの形で相手と接点ができると、また不倫の泥沼にハマってしまう恐れがあるので気をつけてください。

思い出をすべて捨て去る

不倫相手を思い出してしまうものはすべて処分することをおすすめします。ふとしたときに相手のことを思い出してしまい、恋しくなってしまう恐れがあるからです。

ちょっとした心のすき間につけこんでくる男性は少なくありません。できる限り早く気持ちを切り替えて不倫から完全に抜け出すため、不倫関係に逆戻りしてしまう恐れがあるものは、すべてなくしてしまうことをおすすめします。

もし、相手からもらったプレゼントのなかに高価なものがある場合には、フリマアプリなどで売り払うのも良いでしょう。

不倫相手が別れに応じない理由

不倫相手と別れてしまったら寂しいときに会える人がいなくなり、性的欲求を満たせる相手がいなくなります。それはつまり、自分にとって都合の良い相手がいなくなるということ。

「何回いっても別れてくれないのは、それだけ私のことを好きだから」と受け取る人がいますが、そうではありません。本気であなたに愛情があって離婚できないのなら、あなたの幸せを願って自分から別れを告げるはず。

不倫相手にセックスを断られたり、自分の思うような関係が維持できなかったりすることを理由に、あっさりと別れ話を切り出す人は少なくありません。そんな人に都合良く扱われないよう、気をつけてくださいね。

別れの決意が揺らいだときの対処法

気持ちが揺らいで不倫相手と会いたくなったときは、自分自身の幸せを見つめ直してください。どんな将来を迎えたいのかを具体的にイメージすることで、今やるべきことが見えてきます

人間は限られた時間しか生きることができません。与えらえた時間をどれだけ有意義に使うかによってあなたの人生は決まります。

考えが整理しづらい場合には、紙に書きだしてみると良いでしょう。客観的に自分の思考をたどれるので、結論を導き出しやすくなりますよ。

まとめ

不倫相手との別れ方に悩んでいる状態は、決して悪いことではありません。これまでの関係を見つめ直して、新しい道を踏み出そうとしている証拠だからです。そんなときには次のステージに立てた自分を誇りに思い、今後のことをしっかりと考えてみてください。

ただし、不倫相手と別れる際には要注意。軽い気持ちで別れ話を切り出すと相手に丸め込まれて、ずるずるとした関係から抜け出せなくなってしまうことがあるからです。きっぱりと別れて幸せへの道を歩めるよう、今回お伝えした別れ方を参考になさってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。