不倫に疲れたら立ち止まってみよう!辛い状況を打破するためにすべきこと

この記事の情報提供者

不倫に疲れたと感じやすいのは、相手にハマっている証拠。このままの関係を続けると、泥沼から抜け出せなくなってしまうかもしれません。

「不倫関係による負担を軽くしたい」と悩んでいる人のため、禁断の恋との関わり方を深く知るAnnalieseさんから、以下のことを教えていただき当記事をまとめました。

  • 不倫で疲れを感じてしまう原因
  • 不倫で疲れた人が抱える悩み
  • 不倫に疲れたと感じやすい人の特徴
  • 不倫で疲れた人におすすめの気持ちの切り替え方
  • 不倫の疲れや悩みを解消するための方法

不倫でヘトヘトになっている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

不倫で疲れを感じてしまう原因


不倫をしていると不安や辛さを抱え込んでしまい、疲れ果ててしまいます。どのような背景があるのか、具体的に見てみましょう。

不安につきまとわれるから

不倫をしていると常に、「誰かにバレてしまって大変なことになるかも……」と心配しなくてはいけません。不倫相手と会うときはお互いの知人に会わないよう、遠くまで出かけなければならないこともあります。それなのに少ししか会えなかったり、ホテルに入るタイミングをずらして別々に入ったりすることもあるでしょう。

このようにいろいろなことを気にしなければいけないので、不倫に疲れてしまうのです。

好きなときに連絡できない

寂しいときや辛いときに連絡できないことで、疲れてしまうパターンです。好きな人ができると、できるだけコミュニケーションをとりたいと思うのが人間心理。ですが不倫がバレるといけないので、自分のペースで連絡ができるわけではありません。

たとえば、相手が家族といるときに連絡すると、タイミングが悪くてバレてしまう恐れがあります。「連絡をしてくるなら、10時~18時までのあいだにしてくれ」などといわれることもあるでしょう。「普通の恋愛をしている人はいつもラブラブでいるのに、不倫をしている自分は癒されない……」と思い、疲れてしまうのです。

不倫で疲れた人が抱える悩み

不倫で悩む人は、将来や現状に不安を感じて頭を抱えてしまいます。どんなことで悩んでしまうのか、見てみましょう。

不倫相手と一緒になれるかどうかで悩む

不倫相手への気持ちが高まるほど、一緒になりたい思いが強くなりがち。そのため、「不倫相手と別れるべきか、それとも相手を信じて結婚のチャンスを待つのか……」と悩んでしまうのです。あなたが独身の場合は、不倫相手を待ち続けることで婚期を逃してしまうリスクがあります

また、あなたがすでに結婚をしている場合には、パートナーと別れて不倫相手と一緒になりたいと思うこともあるでしょう。この場合、離婚のデメリットだけでなく、不倫していたことがバレるリスクが生じます。突然離婚を切り出されたあなたのパートナーが不審に思い、素行を調べることもあるからです。

「不倫相手と別れるべき!」と考える一方で、一緒になれることを期待してしまい、別れるべきかどうかで悩む人は少なくありません。

不倫相手からの愛情に満足できない

会える時間や連絡を取りあえる時間が限られているなど、不倫相手と触れあえる時間は少なくなりがち。たまに会えたとしても、すぐに家庭に戻ってしまうこともあるでしょう。そんな不倫相手の姿を見て、「自分はこんなに好きなのに……遊びでしかないのかな」と悩んでしまうのです。

別れることなんて考えられないほど気持ちが募っているのに、相手からの愛情に不満を感じ、どうすればいいのかと頭を抱える人は少なくありません。

不倫に疲れたと感じやすい人の特徴

不倫に対する比重が大きくなると、疲れを感じやすくなります。そんな人たちの特徴をまとめました。

不倫を割り切れない

不倫相手にのめり込みやすい人は、不倫に疲れたと感じやすくなります。相手のことを第一に考えてしまうので、会えない時間や連絡を取れない時間に辛さを感じやすくなるからです。

その反対に、不倫を一時的な遊びと考えられる人は、不倫に疲れを感じることなく、関係を長続きさせたいと思う傾向があります。

家庭への不満から不倫をはじめた

妻や子どもとの関係性がうまくいかないことで不倫に走った人は、不倫相手を重視しがち。そのため家庭よりも不倫を優先し、無意識のうちに相手にも同じことを求めてしまいます。

つまり、自分のことを最優先してほしいという思いが強くなって、疲れを感じてしまうのです。不倫関係を終わらせたくないという気持ちが高まって、相手との温度差を感じやすくなり、不倫に疲れる傾向があります。

不倫で疲れた人におすすめの気持ちの切り替え方

不倫で疲れたときには、落ち着きを取り戻せるような工夫が大切。どんなことをすれば良いのか、見てみましょう。

一人の時間を確保する

不倫をしていると、背徳感やスリルにハマってしまうことがあり、冷静さを欠いてしまうことがあります。また心のどこかで、「自分を好きでいてくれる人がいる」と感じるので、精神的な支えになることもあるでしょう。だからこそ不倫に疲れてしまいながらも、やめられなくなってしまうのです。

そんなときには、一人の時間をつくって孤独感を思い出すことが大事です。不倫にのめりこむほど、別れたときのショックが大きくなります。あなたに配偶者がいて、不倫をきっかけに離婚をした場合には、なおさら精神的なショックが大きくなるでしょう。

最悪の場合に備えて、あらかじめ孤独の辛さを味わっておけば、心のダメージが少なくなるかもしれません。また、冷静さを取り戻して、不倫関係やパートナーとの関係を見つめ直すきっかけになることもあるので、不倫で疲れたときには、あえて孤独になることをおすすめします。

不倫相手の家族について考える

不倫相手の家族は、あなたとの関係を知ったときにどう思うでしょうか?パートナーだけでなく、子どもがいる場合、どんな気持ちになるのかをイメージすることで、ハッと我に返れることがあります。不倫で疲れてしまう原因は、禁断の関係なのに普通の恋愛と同じような対応を相手に求めてしまうから。

冷静さを失って見境がなくなってしまうと不倫に疲れてしまうので、そんなときには不倫相手の家族について、具体的に思いを巡らせてみましょう。

不倫の疲れや悩みを解消するための方法

不倫の疲れを断ち切るためには、相手との関係性を変える必要があります。どんな風に変えていけばいいのか、押さえておきましょう。

不倫相手と今後の関係性を話し合う

不倫について一人で悩んでいても解決策が見つからないことが多いので、悶々とした時間を過ごしてしまいがち。そんなときには、思い切って不倫相手と腹を割って話してみると良いですよ。今後の関係性について、相手がどう考えているのかがわかれば、あなたも見通しを立てやすくなるでしょう。

相手がどこまで本音を打ち明けてくれるかはわかりませんが、もしかしたら言葉の端々や態度などに本心があらわれるかもしれません。「この人は、結局のところ家庭に戻るんだ」とわかれば、あなたも遊びだと割り切りやすくなります。新しい出会いを探すきっかけにもなるでしょう。

不倫相手と話すことで気持ちを切り替えられれば、不倫の疲れから解放されやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

不倫を終わらせる

不倫に疲れてしまう根源である不倫関係を解消すれば、悩みから解放されます。そのためにも、不倫関係を清算する努力が大切です。スパッと関係を終わらせることが難しい場合には、少しずつ距離を置くのも良いでしょう。

大切なことは不倫を終わらせる決意を固めること。この決意がぐらついてしまうと、一度は別れたとしても、また不倫関係に逆戻りしてしまいます。そうならないよう、今後のことをしっかりと考えたうえで、不倫関係を終わらせる努力をしましょう。

まとめ

不倫に疲れる人は、相手にのめり込んでしまう傾向があります。この点をふまえて落ち着きを取り戻すように努めれば、解決策が見えてくるでしょう。無理なく関係性を変えていって、笑顔になれる明日を迎えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。