プラトニック不倫とは?下手にハマると落とし穴があるかも……

この記事の情報提供者

恋愛の形が多様化している中で、“プラトニック不倫”に走る人は少なくありません。当記事では、この関係のことを詳しく知っているAnnalieseさんから伺ったお話をもとに、

  • プラトニックな関係とはどんな関係?
  • プラトニックな関係が不倫ではないと主張する人の考え方
  • プラトニックな関係でも不倫だと主張する人の考え方
  • プラトニック不倫をする男性の心理
  • プラトニック不倫をする女性の心理
  • プラトニック不倫をするときの注意点や続ける心構え

を解説していきます。知りたいことがある人は、ぜひ参考にしてみてください。

プラトニックな関係とはどんな関係?

まず、もっとも基本的なことである、「プラトニックな関係とはなんぞや」について解決しておきましょう。

プラトニックな関係=セックスなしの関係

プラトニックな関係は肉体関係を持たず、お互い精神的に支え合える関係であり、食事や会話のみを楽しむいわゆる友達以上恋人未満の関係を続けるのが特徴です。恋人ではないものの、ただの友達と違っているのは、そこに恋愛感情が入っている点です。

なお、プラトニックな関係にある相手のことは、セカンドパートナーとも呼ばれています。また、実際に不倫にあたるかどうかは別にして、既婚者の肉体関係をともなわない恋愛は、当記事にもあるようにプラトニック不倫と表現されていることが多いです。

プラトニックな関係が不倫ではないと主張する人の考え方

肉体関係がないのに恋愛感情はあるプラトニックな関係。この微妙な状態を不倫に該当しないとしている人の意見を見ていきましょう。

不貞行為がない

不貞行為とは、結婚している人が配偶者以外の人と肉体関係を持つことで、法的に離婚が認められる事由となるものです。プラトニックな関係は不貞行為をともなわないので、不倫ではないと捉えている人がいます。

たとえば、「ただセカンドパートナーとしてお互い精神的に支え合っているだけで、不貞行為をしていない自分たちは不倫関係にない」と主張するのです。そして肉体関係がないことを理由に、罪悪感を覚えない人も少なくありません。

プラトニックな関係でも不倫だと主張する人の考え方


不貞行為がなくても、自分の配偶者が見知らぬ異性と逢瀬を繰り返していると想像しただけで、不快に感じる人も……。プラトニックな関係でもアウトとジャッジする人の意見をチェックしていきましょう。

セカンドパートナーに特別な感情を抱いている

プラトニックな関係には不貞行為がなくても、恋愛感情をともなっていればそれは不倫とみなす人もいます。普通の友達なら恋愛感情を抱かないので、特別な感情を持っている時点で不倫と考えるのです。

体の関係を持っていてもいなくても、発覚すれば配偶者や子どもを傷つける可能性は大いにあります。「セカンドパートナーがいなければ、もっと家族に愛情を注げるはず」と思う人も……。

このような形でプラトニックな関係でも家族に悪影響が及ぶことがあり、おおっぴらにできない関係ならそれは不倫だと捉えるのです。

判例がある

プラトニックな仲であっても、パートナーが自分以外の異性とコソコソ関係を続けていることに傷つく人は多いもの。実際、セカンドパートナーに損害賠償を求めた裁判で、請求者の精神的苦痛が認められた事例があります

たとえば、既婚男性が同僚女性に性行為を求めていたものの、その同僚女性は頑なに拒否。しかしながらデートには応じるなど親密な関係は続けていたというケースがあります。また、結婚しているにもかかわらず、メールや電話で過剰な愛情表現をしたために、損害賠償が認められた事例も……。

このように、不貞行為がなくても損害賠償が認められた判例があることから、プラトニックな関係でも不倫にあたると主張する人がいるのです。

プラトニック不倫をする男性の心理

性的欲求を抑えられない男性とは反対に、精神的なつながりを重視する男性にはどんな気持ちがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

家庭が上手くいっていない

男性は家庭に癒しを求める傾向がありますが、家庭で居場所がないと感じると、心が休まる場所がなくなってしまうのです。すると、プラトニックな関係であっても、妻のかわりとなる女性に癒しを求めるように……。そしてそれに応じる相手がいれば、プラトニック不倫の状態ができあがるのです。

仕事や生活に不満がある

家庭だけでなく、仕事にも変化があるなどしていつも以上にストレスがあったりすると、男性はその不満から不倫に走りやすくなります。相手に話をするだけでも癒しになり、頻繁に会ったり連絡をとりあったりしているうちに恋愛感情がわき起こり、プラトニック不倫に発展していることがあります。

プラトニック不倫をする女性の心理

女性の場合も、夫婦関係に問題があるとプラトニック不倫がはじまりやすいです。具体的にどんな気持ちからなのか、ここで確認していきましょう。

ときめきを求めている

結婚をして夫との関係がマンネリ化していることに、不満を感じる女性は少なくありません。とくに恋愛をしているのが好きな女性はその傾向があります。結婚生活に満足できていない状態にある中で、夫と違いどきどきできるような男性を探しはじめ、プラトニック不倫をしてしまうことがあるのです。

夫が家庭をおろそかにしている

夫が家事や育児を手伝ってくれなかったり、仕事などでいつも家にいなかったりすることで、不満を感じる女性は少なくありません。そしてその不満が高まるにつれて、ほかの男性に満たしてもらいたいと思うようになることがあります。そんなときに気の合う男性と仲良くなると、プラトニック不倫になってしまうことがあるのです。

まとめ

既婚者のプラトニックな恋愛では、相手との肉体関係がありません。ときめきを得られる一方で、配偶者に対する罪の意識を感じにくく、家庭や仕事などの不満も埋められる……。その魅力にハマる人は少なくありません。

ただ、肉体関係がないために本人は不倫ではないと思っていても、配偶者やまわりがそうではないことは少なくありません。実際、裁判で損害賠償が認められたケースもあり、裁判にいたらなくてもバレれば夫婦関係の修復が絶望的になる恐れがあるので、安易に手を出すのは危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。