浮気はどこから?その基準はパートナーと合ってる?確認して浮気の回避を!

この記事の情報提供者

「どこからが浮気だと思う?」という会話で盛り上がることは少なくありません。人によっては、「え~、厳しすぎる……」とか、「え!?そんなの私だったら耐えられない」などといわれたことがある人もいるでしょう。

当記事ではそんな浮気と浮気でない行為の境界について、人間心理に精通している桔梗さんからお話を伺ったので、詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

未婚男性が思う、彼女の浮気はどこから?

未婚男性の場合は、浮気の基準が未婚女性に比べてゆるいと思う人もいるかもしれません。実際のところどうなのか、見ていきましょう。

2人きりで食事に出かける

ただ食事に行くだけであればOKだけれど、そのまま2人で遊びに行ったりするのがNGという人も少なくありません。彼氏がいる女性は誰とどこで食事するのか前もって伝えておくことで、浮気と誤解されるリスクを回避できるでしょう。

ほかの男性を好きになる

自分以外の男性に好意を持ったらアウトと判定する人も、少なくありません。たとえば男友達と2人きりで遊びに行ったり、ちょっとしたスキンシップをしたりするのは許せても、彼女がその男性に好意を抱いたら浮気と考えているのです。

ほかの男性とキスをする

日本では、キスは相手に好意があるからこそするものととらえている人が多いです。そのため、たとえば彼女に仲良しの男友達がいて、ふざけあって手をつなぐまでの行為は許せても、キスは許せない、浮気ととらえる人が少なくありません。

ほかの男性と肉体関係を持つ

キスなら酔っ払った勢いで、相手から不意打ちでされてしまうというトラブルもあり得ますが、肉体関係は普通、自分が同意しなければ起こらないですよね。つまり肉体関係を持つということは、相手の誘いに乗ったということなので、完全に浮気と思われるのでしょう。

未婚女性が思う、彼氏の浮気はどこから?

続いて、未婚女性が挙げる主な浮気のボーダーラインを確認していきましょう。後述する既婚の男女にもいえますが、未婚の男女もおおむね共通しているのが見て取れます。

自分に内緒でほかの女性と2人きりで会う

女性もよほど嫉妬心が強い人でないかぎり、女友達や職場の同僚と食事に行ったりしても、浮気と思う人は少ないです。しかし、内緒で会うということは、「何かやましいことがあるに違いない」と考えるため、浮気だと思うのです。

ハグや手をつなぐなどのスキンシップをする

自分の大切な彼氏がほかの女性とハグしたり手をつないだりした場合、嫌悪感を抱く女性は少なくありません。スキンシップは心の距離が近いからこそするものという考えなどがあり、浮気と思われるのです。

自分以外の女性とキスをする

海外では挨拶で気軽にキスをする風習があります。しかし、すでに述べたように日本人にとってキスは大切な人とする特別なもの。また、肉体関係を持つ前段階としてするものでもあります。

そのため、キスをした時点でほかの女性に対して恋愛感情や下心があるということで、アウト判定になるのです。

肉体関係を持つ

ほかのことは許せても、これだけは絶対に許せない、アウトと思っている人は多いです。男性も女性も、恋人がほかの異性と肉体関係を持ったら、別れる選択をする人はたくさんいます。一線を越えてしまった時点で、恋人との関係修復は困難になるでしょう。

既婚男性が思う、妻の浮気はどこから?

今度は、既婚の男女における浮気と浮気でない行為の境界をチェックしていきましょう。まずは既婚男性から……。

肉体関係がある

男性は、妻が自分以外の男性と2人で食事をしたり、遊びに行ったりする行動だけで浮気とは思わない人が多くいます。しかしほかの男性と肉体関係を持つことはさすがに許せず、離婚問題に発展するケースも珍しくありません

ほかの男性と2人きりで外出する

とくに夜、一緒に飲みに行くと本人に浮気する気はないとしても何が起きるかわからず、そうなってもかまわないと思っているとみなして、浮気ととらえる人がいます。また中には、仲良く2人きりでショッピングをするなど、遊びに行くだけでも浮気と思う人もいます。

自分以外の男性を好きになる

男性の中には、妻が自分以外の男性に気持ちが移った時点で浮気と思う人もいます。なぜなら、ほかの男性を好きになったということは、自分への愛情が薄れてしまっていて、好きになったその男性と関係が深くなる可能性が高いと感じるからです。

既婚女性が思う、夫の浮気はどこから?

理解しがたいと思う人も少なくないかもしれませんが、既婚女性の場合、夫の浮気に対してかなり寛容な人もいます。詳しくは次のとおりです。

肉体関係を持つ

夫が自分以外の女性と肉体関係があった場合には、遊びだろうとなんだろうと許せないという女性は多いです。男性と同じで、離婚を決断することも珍しくありません。ただし、中には風俗に行くことに関してのみ目をつぶる女性もいます

ほかの女性と手をつなぐ

結婚後に外でほかの異性と手をつなぐことは、よほどのことがない限りないでしょう。多くの女性は、手をつなぐということを好意の表れとしてとらえているため、自分以外の女性としたときには浮気と思うのです。

相手に好きな感情が芽生えた

夫が自分以外の女性に対し、好きという感情が芽生えた時点で浮気と考えます。たとえ肉体関係がなくても相手に好意を持っていて、妻の話も上の空になるほど相手のことばかり考えている場合、浮気と見られてしまいます。

パートナーが思う、「どこからが浮気」を知る方法

浮気のボーダーラインは人それぞれ違いますよね。人によっては、「バレなければなにをしても、されてもOK」と思っている人もいます。

自分のパートナーが、どこからが浮気と思っているのか知る方法は、本人に聞くのが一番です。しかし、突然そんなことを聞いたら逆に疑われる可能性があるため、注意しなければいけません。

一番良いのは、次のような流れで聞き出す方法です。

1.「この前テレビでたまたま浮気のボーダーラインの話をしていて」とか、「ネットでたまたま見かけたんだけど」といった感じで話を切り出す。
2.そしてさらに、「自分は〇〇から浮気だと思うんだよね」と、先に自分の思いを伝える。
3.そのあとで、「〇〇(恋人やパートナーの名前)はどう思う?」と聞く。

こうすれば、自然に相手の考えを知ることができるでしょう。

浮気の基準がパートナーと違う場合、どう対処すれば良いか

浮気か浮気でないかの基準は十人十色なので、パートナーとズレがあって困ることもあるでしょう。そんなときは、お互いにどうしたら一番ストレスなく、また嫌な気持ちにならずに済むかとことん話し合う必要があります。

たとえば異性の友達と交流がある場合、多人数ならOKだけれど2人きりで会うのはNGとか、最低限ガマンできるルールを設定しましょう。

あまりがんじがらめにルールをつくると、どちらか一方が息苦しくなり、関係を続けることが難しくなってしまいます。不安はあったとしても、相手を信頼してムリのない範囲で、お互いを尊重しあいましょう。

まとめ

日本人の感覚として、肉体関係がなくても普通の友人関係ではあり得ないと思われるような行為をすれば、それは浮気ととらえている人が少なくありません。

パートナーとのあいだで基準が違うと、喧嘩や破局につながることにもなりかねません。そのため、お互いにボーダーラインを確認して、妥協点を探りつつルールを設定しておけば安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。